分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

化合物構造分析装置

フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)による受託サービス

有機化合物の化学構造解析および同定解析を実施します。

概要

フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)による、化合物の化学構造の解析および同定を実施しております。
FT-IRは、赤外光を試料に照射し、透過または反射した光の量を検出・フーリエ変換したIRスペクトルからデータベースと照合して化合物の同定を行う装置です。
透過法、反射法、ATR法など、試料の形状や目的によって最適な分析法で測定します。

原理

フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)は、赤外光を試料に照射し、透過または反射した光の量を検出・フーリエ変換したIRスペクトルからデータベースと照合して化合物の同定を行う装置です。光源からの赤外光をビームスプリッタで移動鏡と固定鏡に光路を分けて、光を干渉させます。この干渉した光(干渉波:インターフェログラム)を試料に照射して、透過または反射した光の量を検出器で検出します。
そして、コンピュータを用いて波長(波数)成分に分離してフーリエ変換を行い、変換した波長(波数)の強度よりIRスペクトルを得ます。IRスペクトルは、物質の分子構造により特有のパターンを示し、そのパターンをデータベースで照合させることにより同定が可能となります。

用途

製品に付着又は混入した異物の定性分析

熱処理による樹脂の構造変化の確認分析

樹脂の定性分析

医薬品、食品の異物や付着物の同定

高分子材料の局所分析

設備紹介

  • パーキンエルマー製

    FrontierGold

    ●検出器:DTGS検出器
    ●オプション:ユニバーサルATR
    ●測定モード:透過/反射/ATR
    ●波数範囲:8300~400cm⁻¹

    Spotlight200i
    ●検出器:MCT検出器
    ●オプション:電動ステージ

    ●所有事業所:本社
    ●所有台数:1台

Q&A

どれくらい小さい試料まで測定できますか?
顕微IRで、50μm×50μm程度、厚み10μm程度までの試料の分析が可能です。
複数の物質が混ざり合っている混合物について、全成分の定性分析を行うことは可能ですか?
主成分の定性分析はできますが、添加剤のような%以下の含有量の微量成分につきましては、検出・定性分析を行うことはできません。
成分のマッピングは可能ですか?
マッピング、ライン、ポイントスキャンで分析できます。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP