分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

イオン分析

アニオン分析の受託サービス

ICを用いて、無機イオンの測定を行い、腐食の原因調査や不具合解析をします。

概要

アニオン分析サービスでは、IC(イオンクロマトグラフ)を用いてF⁻、Cl⁻、Br⁻、I⁻といったハロゲンに加えてNO₂⁻、NO₃⁻、SO₄²⁻、PO₄³⁻といった無機イオンを測定します。これらの無機陰イオンは腐食の原因となり得るため、得られた結果を不具合解析に用いることが可能です。

特徴

サプレッサー方式IC

サプレッサー方式ICにより、溶離液のバックグラウンドを低下させ、液中濃度で最低50ppbから測定することが可能です。(項目によって変動あり)

固体の場合は燃焼-ICで測定

固体中のハロゲンを分析する場合、管状炉を用いて燃焼-IC法で分析を行います。

オートサンプラで多検体の一斉分析が可能

オートサンプラが付属しているため、多検体の測定にも対応いたします。

設備紹介

用途

腐食部の塩素分析

工業廃水、洗浄液の分析

電子基板の清浄度測定

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件

PDFダウンロード

Q&A

サンプル量はどのくらい必要ですか?
固体で10g、液体で10mL程度ご支給ください。ただしサンプル量が僅かであっても対応できる場合もございますので、ご相談ください。
サンプルはどのようにして送付すれば良いですか?
容器または密閉できる袋に入れてお送りください。弊社から容器を支給することも可能です。
データはどのような形式で頂けますか?
弊社のフォーマットで報告書を作成いたします。ご希望があればクロマトグラムの提出も可能です。
強酸性や強アルカリ性試料の測定はできますか?
測定可能な試料溶液のpH範囲はpH3~pH8.5程度になります。このpH範囲内にない試料は、適宜希釈して測定いたします。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP