分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

表面分析

付着物分析の受託サービス

製品や部品に発見された未知な付着物の分析を実施致します。

概要

未知な付着物の性状を分析するためには、付着物の大きさ、厚み、組成などの情報から適した分析方法を選択する必要があります。
付着物が発生した周囲の環境情報や、付着物のない対象品のご提供も大きな情報となります。

特徴

未知の付着物スクリーニング分析が可能

未知の付着物にはSEM-EDXによって付着物がどのような元素で構成されているかスクリーニング分析します。
付着物のない対象品と比較分析するとより効果的です。得られた結果や周囲の環境情報によって、次の分析工程の検討をします。

有機付着物の同定解析

EDXの結果により、樹脂、繊維などの有機系の異物と推定された場合、FT-IRによって有機化合物の同定を行います。
また、EDXの元素分析結果と併せた解析を行うことで、より信頼性の高い評価が可能となります。

残留油分の測定(清浄度)

加工時に付着した油分を洗浄・除去することは最終製品汚染を防止するために重要です。
GC/MSで洗浄した工業製品の残留油分(清浄度)を測定できます。
GC-MSを用いることにより、油中の各成分を分離し、油種を区別して定性または定量分析が可能です。

設備紹介

用途

付着物のスクリーニング分析

・マイクロスコープ→SEM-EDX分析

有機付着物分析

・FT-IR分析

製品の残留油分測定(清浄度)

・GC/MS分析

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件

  • 結果

  • マッピング結果

PDFダウンロード

Q&A

どれくらいの大きさの付着物まで分析できますか?
付着物の大きさや深さによって分析方法を選定します。
比較的広く深いものであれば、ED-XRFやFT-IR、
広さや深さが1μm以上のものであれば、SEM-EDXやレーザーラマン分光光度法、
極表面に微量にあるようなものであれば、XPS、AES、SIMSといった分析法になります。
未知の付着物はどのように分析するのですか?
付着物の大きさ、深さによって分析法を選定し、まずは含有成分を調べるのが第一歩になりますが、付着物の発生していない試料の提供や、周辺情報を頂くことで様々な分析法をご提案させて頂けます。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP