分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

内部構造観察

密度測定の受託サービス

ピクノメーター法によって密度測定を実施します。

概要

製品やその部品の物性評価のひとつに密度測定が挙げられます。
密度には真密度、見かけ密度、嵩密度といった複数の定義が存在します。
JTLの密度測定サービスではピクノメーター法に基づき、真密度の測定を実施します。

特徴

JIS K 0061に準拠

JIS K 0061のピクノメーター法に準拠して測定を行います。

簡便な操作

ピクノメーター法は比重瓶を用いて測定します。また、測定に用いる分散媒は水またはブタノールを使用します。

真密度測定

真密度は物質自身のみが占める体積を密度算定用体積とし、サンプルの表面細孔や内部の空隙を含みません。

用途

ゴムの密度測定

金属部品の密度測定

粉体の密度測定

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件

PDFダウンロード

Q&A

試料に制限はありますか?
水やアルコールに溶けるもの、アルコールより密度が小さく、浮いてしまうものは測定不可となります。
サンプル量はどのくらい必要ですか?
固体で20g、液体で20mL程度ご支給ください。
ただしサンプル量が僅かであっても対応できる場合もございますので、ご相談ください。
試料サイズに上限はありますか?
φ15×20mm程度までの試料が対象となります。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP