分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

イオン分析

溶出試験の受託サービス

特定の条件下で溶出する元素、イオン、化合物などの測定を実施します。

概要

溶出試験サービスでは、製品から溶出する不純物として、元素、イオン、有機化合物を測定します。樹脂などの製品に対し、ご指定頂いた条件やご要望に応じた条件で溶出試験を行った後、試験液中の各項目の測定を行います。測定項目に応じてICP、IC、GC-MSといった装置を使用して分析を行います。

特徴

サプレッサー方式IC

溶出イオンに対して、サプレッサー方式ICで測定するため、溶離液のバックグラウンドを低下させることができ液中濃度で最低50μg/L(ppb)からの測定が可能です。(項目によって変動あり)

高感度に測定

溶出元素に対して、ICP-MSでは低バッググラウンドでの測定を行うことが出来るため、液中濃度でμg/L(ppb)レベルの測定が可能です。

様々な試験条件に対応

大型恒温槽や乾燥機により、試料サイズによる制限をせずに試験を行うことが可能です。

設備紹介

用途

樹脂から溶出するイオン濃度測定

部品材料の溶出試験

保存容器の溶出試験

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件

PDFダウンロード

Q&A

サンプル量はどのくらい必要ですか?
固体で10g、液体で20mL程度ご支給ください。ただしサンプル量が僅かであっても対応できる場合もございますので、ご相談ください。
データはどのような形式で頂けますか?
弊社のフォーマットで報告書を作成いたします。ご希望があればクロマトグラムの提出も可能です。
どのような試験を行ったら良いかわかりません。
まずはご連絡ください。目的に応じて試験条件や分析項目、分析方法をご提案いたします。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP