分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

成分分析

元素分析の受託サービス

製品や材料の主成分を特定することで、お客様の研究開発をサポート致します。

概要

様々な製品や材料等に含まれる元素の種類と構成比率を特定することで、お客様の課題解決に繋がる情報をご提供します。
手法としては、EDX、WDX、XRF、ICPから材料の分析を実施します。

特徴

SEM-EDX:多元素同時分析

試料を観察しながら分析することで、100μm以下の異物を狙って分析できます。分析深さは1μm程度で、表面分析に適しています。

WDX(FE-EPMA):優れたエネルギー分解能

エネルギー分解能が10eV程度と高いため、EDXでは分離不可能なピークの解析が可能です。(CrとO, FeとF, MoとS, AgとPdなど)

ED-XRF:非破壊分析

広範囲(φ10mm、φ3mm、φ1mm、φ0.3mm)を内部深く(金属は数十μm、樹脂は数mm程度)まで平均的に分析することができ、バルク試料の分析に適しています。

ICP

ICP-MSまたはICP-AESを用いて元素の定性・定量分析が可能です。
ICP-MSは液中濃度でμg/L(ppb)レベルの測定が可能であり、微量元素の測定に用いられます。
ICP-AESは干渉が少ないため高マトリクスの試料の測定の測定に用いられます。

設備紹介

用途

素材の成分分析

【EDX】

アルマイト被膜のSiライン分析

【イオンミリング加工】→【WDX】

金属製品の材質分析

【ICP】

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件

  • 結果

PDFダウンロード

Q&A

より定量精度の良い分析は可能ですか?
湿式分析(ICP-AES・ICP-MS等)や、GC・HPLCなどの微量元素分析にも対応しておりますので、まずはお問い合せ下さい。
微量元素の分析は、どの手法が最適ですか?
高感度な微量元素分析が可能なICPが最適です。
ICP-MSとICP-AESにはどんな違いがありますか?
基本的な原理は同じですが、検出方法、検出限界値、得意とする元素などが異なります。
ICP-MSの方が高精度ですが、Ca、Na、Mgなどの軽元素の分析はICP-AESの方が適しています。
生体試料の分析は可能ですか?
血液や各種臓器、尿、皮膚、毛髪など、様々な生体試料サンプルに対応可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP