分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

表面分析

膜分析の受託サービス

メッキや薄膜、多層膜の分析を多彩な手法で適切に実施致します。

概要

主に断面研磨、イオンミリング(CP加工)、EDX、WDX、XRFの4つの手法から、メッキや薄膜などの観察・分析を実施致します。
無機物・有機物問わず、硬い膜や多層膜まで幅広くご対応しております。

特徴

断面研磨:10μm以上の観察

樹脂包埋を行い、指定箇所で断面だしを実施後、光学顕微鏡もしくは、SEMで観察します。
膜厚が約10μmまでなら、凹凸のない研磨が可能です。それ以上の薄膜の観察をご希望の場合は、イオンミリング(CP加工)を推奨します。

イオンミリング(CP加工):100nmオーダーでの観察

イオンミリング(CP加工)を行い、観察では100nmオーダーで観察可能です。
イオンビームによる加工は材料の硬さの違いに影響されにくく、硬軟質の複合材料でも凹凸が非常に少ない研磨を行うことができる為、膜厚観察、分析に最適です。

XRF:非破壊観察

非破壊による薄多層膜厚測定も行うことができます。最大9層までの測定が可能です。膜厚測定可能な範囲は、元素にもよりますが、10nm~15μmまでとなります。また、薄膜の定性分析も可能です。

設備紹介

用途

アルマイト皮膜観察

【イオンミリング加工】→【FE-SEM観察】

厚み数10nmのAu薄膜

【イオンミリング加工】→【FE-EPMA分析】

市販ネジでの膜厚測定(断面研磨比較)

【XRF】と【断面研磨】→【FE-SEM】
※測定値の誤差について、断面研磨は、局所的に膜厚を観察しているのに対して、XRFは、一定範囲の膜厚情報を平均して、算出しております。

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件

  • 結果

PDFダウンロード

Q&A

1μm以上の膜厚は、どの手法で観察を実施すればよろしいですか?
以下の比較表をご参照下さい。
イオンミリング(CP加工)で、最大どの程度の薄膜が観察可能ですか?
サンプルの形状・材質にもよりますが、おおよそ50,000倍までの観察が可能です。(約300nm)
高倍率になると、鮮明な画像ではなくなりますので、多少の膜厚の誤差は生じます。
金めっきなどの崩れやすい皮膜の膜厚測定は、可能ですか?
イオンミリング(CP加工)が最適です。無応力で加工できるため、試料の構造を壊さず、積層形状、結晶状態等も観察を行えます。
XRFでの膜厚測定が可能な条件は?
各層の膜の組成情報と各層の膜の組成が重ならないことです。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP