分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

物性

フォギング試験の受託サービス

フォギング試験により、材料の曇り状況を評価します。

概要

自動車の内装材の材料に含まれる添加剤が高温の環境下で揮発し、冷えた窓ガラスに付着して白く曇ることで視界が妨げられる現象をフォギングといいます。
自動車においては特に夏場の車室内が高温になるときに起こり得る現象です。
これらの特性把握のため、フォギング試験により評価を行うことが必要となります。

特徴

試験前後の調査もご対応

試験前後の試料状態を確認するための、観察・分析等の各種評価のご対応が可能です。

設備紹介

用途

自動車内装材のフォギング試験

プラスチック製品のフォギング試験

ゴム製品のフォギング試験

報告書例

  • 表紙

  • 目的・概要

  • 結果

PDFダウンロード

Q&A

加熱温度と時間は指定可能ですか?
はい、可能です。試験条件をご相談ください。
試験片の作製から対応可能でしょうか?
試験片作製から試験まで対応することが可能です。一度詳細をご相談ください。
データはどのような形式でいただけますか?
ご指定のフォーマット、もしくはJTLのフォーマットにて報告書を作成致します。ご希望があればエクセルでのデータの提出も可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP