分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

成分分析

異物分析の受託サービス

製品や素材に混入した不明な異物を特定するため、様々な手法で分析致します。

概要

不明な異物の性状を分析するためには、異物の大きさ、組成などの情報から適した分析方法を選択する必要があります。
また、異物が発生した周囲の環境情報や、異物が発生していない対象品のご提供も大きな情報となります。
JTLでは、異物分析によりお客様の課題解決をサポート致します。

特徴

金属のような異物の分析

異物が金属であることを予想された場合、ED-XRFにより、非破壊&前処理不要で元素分析できます。
異物が発生していない対象品との比較分析もできます。

微少な異物の分析も可能

異物が微少な場合、SEM-EDXにより、試料を観察しながら分析します。
100μm以下の異物も狙って分析できます。

有機異物の同定解析

EDXの結果により、樹脂、繊維などの有機系の異物と推定された場合、FT-IRによって有機化合物の同定を行います。
また、EDXの元素分析結果と併せた解析を行うことで、より信頼性の高い評価が可能となります。

重量法による成分分析が可能

製品に付着している異物を水もしくは有機溶剤で除去し、洗浄前後の重量差から異物重量を求めます。
回収した異物を、EDXもしくはFT-IRで分析することにより、異物の構成元素や有機化合物の同定が可能です。

設備紹介

用途

無機異物分析

・マイクロスコープ→SEM-EDX or ED-XRF

有機異物分析

・マイクロスコープ→SEM-EDX→FT-IR

重量法

・水 or 有機溶剤で付着異物回収→洗浄前後にて異物重量測定→回収異物にてSEM-EDX or FT-IR

鉄鋼中の非金属介在物、析出物のマッピング分析

・断面試料作成→FE-EPMA

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件

  • 結果

  • 添付資料

PDFダウンロード

Q&A

未知の異物のどのような分析をすればよいですか?
未知の異物に対しては含有成分を調べることが、問題解決の一歩になりますが、万能ではありません。
分析をご依頼される場合、異物が発生していない対象品の支給や、周辺情報を提供して頂くことで、様々な分析方法のご提案をさせて頂けます。
分析法はどのように選定するのですか?
異物はクレームの発生原因に直結するため、分析後に試料を回収したい、試料を破壊したくないなどの要求があります。また、異物の量や大きさは様々なため、分析法が限定されていきます。
基本的にファーストステップの分析は試料に前処理を施さず、できるだけそのままの回収可能な分析法にて実施しますが、このような分析は主成分程度しか検出できない場合がほとんどになります。
ただし、異物の素性は主成分情報が非常に重要で、この段階で問題解決に至る場合もありますし、この情報を基に次の分析提案をさせて頂けることもあります。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP