分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

化学分析

FT-IR分析の受託サービス

固体・液体試料の化学構造解析および同定解析を実施します。

概要

フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)による、化合物の化学構造の解析および同定解析を実施しております。
透過法、反射法、ATR法など、試料の形状や目的によって最適な分析法で分析いたします。固体・液体試料の測定ができ、また微小領域の測定も可能です。

特徴

化学構造の情報取得

フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)は、化合物が化学構造によって独自の赤外線領域の吸収スペクトルを持つ原理を利用しています。
試料に赤外線を透過もしくは反射させ、得られた吸収スペクトルにより化学構造の情報を得ることができます。

物質の判別や同定解析が可能

分析で得られた情報(吸収スペクトル)をデータベース(ライブラリ)や比較物質で照合をかけることで、物質の判別や同定解析を行います。

マッピング分析も可能

マッピング機能を有しており、成分の分布を視覚的に確認することも可能です。

設備紹介

用途

製品に付着又は混入した異物の定性分析

熱処理による樹脂の構造変化の確認分析

樹脂の定性分析

医薬品、食品の異物や付着物の同定

高分子材料の局所分析

報告書例

  • 異物の解析例

PDFダウンロード

Q&A

どれくらい小さい試料まで測定できますか?
顕微IRで、50μm×50μm程度、厚み10μm程度までの試料の分析が可能です。
複数の物質が混ざり合っている混合物について、全成分の定性分析を行うことは可能ですか?
主成分の定性分析はできますが、添加剤のような%以下の含有量の微量成分につきましては、検出・定性分析を行うことはできません。
成分のマッピングは可能ですか?
マッピング、ライン、ポイントスキャンで分析できます。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP