分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

化学分析

ガスクロマトグラフ分析の受託サービス

揮発性有機化合物・ガス・油などの定性・定量分析を実施します。

概要

ガスクロマトグラフ(GC)は、移動相に気体を用いて、固定相のキャピラリーカラムに通過させて、物質の相互作用により分離・検出し、定性および定量分析します。
加熱発生ガスの定量や揮発性有機化合物の分析、無機ガスの分析などに対応いたします。

特徴

各種試料にご対応

ガスクロマトグラフ分析は、気体試料や液体試料、固体試料に含まれる成分の定性・同定解析、定量分析を行います。

多種な検出器を保有

熱伝導度検出器(TCD)、バリア放電イオン化検出器(BID)、質量分析計(MS)を保有し、化合物の特性や濃度などにより最適な分析方法を提案いたします。

前処理ユニットによるご対応

ヘッドスペース、抵抗加熱式石英管、加熱脱着装置などの前処理ユニットを使用した対応も可能です。

設備紹介

用途

揮発性化合物の定性・定量分析

異物・不純物(有機化合物)の同定分析

残留油分の定量分析

加熱発生ガス・アウトガスの分析

生体試料中の薬物濃度測定

残留溶媒の分析

原材料中の微量不純物の分析

無機ガス・低級炭化水素の分析

リチウムイオン二次電池の内部ガス分析・発生ガス分析

報告書例

  • 表紙

  • クロマトグラム例

PDFダウンロード

Q&A

分析方法の開発からお願いできますか?
弊社にメソッドが無い、実績が無い化合物でも、お受けすることは可能です。
標準物質やカラムは支給ですか?
弊社で準備しますので、サンプルのみご支給ください。
サンプル量はどのくらい必要ですか?
前処理方法や下限値により変わりますが、液体は2~3mL、固体は2~3g程です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP