分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

ガス分析

VOC分析の受託サービス

加熱脱着GC-MSおよびHPLCによって、VOCの測定を実施します。

概要

VOCは揮発性有機化合物の略称であり、浮遊粒子状物質や光化学オキシダントの原因のひとつです。これらは大気汚染をもたらすと共に人の健康への影響が懸念される物質であるため、排出規制や自主的取り組みによる規制が進められています。
VOC分析サービスでは加熱脱着GC-MS法およびHPLC法を用いて、VOCに該当する項目の測定を行います。

特徴

加熱脱着GC-MSで8成分、HPLCで3成分の測定

GC-MSでベンゼン、トルエン、エチルベンゼン、スチレン、キシレン、テトラデカン、フタル酸ジブチル、フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)の8成分、HPLCでホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、アクロレインの3成分を測定いたします。

サンプリングバッグ法

VOCの測定方法は大きく分けてサンプリングバッグ法と小型チャンバー法に2種類に分けられます。JTLではサンプリングバッグ法を採用し、試験を行います。

大型部品の対応が可能

大型のサンプリングバッグや恒温槽・乾燥機を用いることで、大型部品を破壊せずそのまま測定することが可能です。

設備紹介

用途

車室内製品のVOC分析

樹脂製品のVOC分析

サンプリングバッグに試験片を入れた後、切り取ったバッグ部分をシールして密閉し、内部の空気を吸引しました。その後窒素ガスを封入し、65℃で2時間加温後、発生したガスを分析に用いました。

自動車内装金属部品のVOC分析

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件・結果

PDFダウンロード

Q&A

加熱温度と時間は指定可能ですか?
可能です。ご指定がない場合はJASO M902に基づいた条件で実施いたします。
何℃までの試験が可能ですか?
-40℃~150℃まで試験可能です。
サンプルサイズの上限はありますか?
恒温槽の槽内寸法がW100cm×H100cm×D80cmとなるため、サンプルを破壊しない場合、このサイズが上限となります。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP