分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

表面観察

接合・溶接部観察の受託サービス

製品に見合った多彩な手法で接合部・溶接部の観察を実施致します。

概要

製品および構造物の製作には接合技術が必要不可欠です。その信頼性評価のため、接合部の特性を把握することが重要となります。
接合・溶接部の観察サービスでは、試料調製から金属顕微鏡やSEMによる観察、接合部の元素分析まで多岐にわたる調査を受託しております。さらには残留応力測定や接合強度試験、接合破断部の故障解析等、信頼性評価のための様々なサービスを実施致します。

特徴

溶接部の断面観察

機械研磨で溶接部の断面試料を作製し、マイクロスコープや金属顕微鏡を用いて観察を行います。溶け込み量や余盛の測定も可能です。

接合部の金属組織観察

研磨断面に薬液エッチングを施して金属組織を現出させ、マイクロスコープや金属顕微鏡を用いて観察を行います。

接合界面のミクロ観察

ワイヤーボンディング等の微小な接合部は、イオンミリング加工で精密断面を作製します。SEMを用いて高倍率での観察を行えば、厚さ1μm以下の薄い合金層を観察することも可能です。

設備紹介

用途

溶け込み量の測定

接合部の金属組織観察

研磨断面に薬液エッチングを施して金属組織を現出させ、マイクロスコープや金属顕微鏡を用いて観察を行います。

報告書例

  • 表紙

  • 分析方法・条件

  • 結果

PDFダウンロード

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP