疲労試験
サービス

FATIGUE TEST

疲労試験サービスとは

疲労試験サービスとは、各種素材・製品に様々な負荷を加えてその耐久性を評価する手法の一つです。
破壊事故原因のほとんどが疲労破壊と言われており、疲労試験の重要性は近年ますます高まっています。
そのような背景のもと、お客様の様々なご要望にお応えするべく試験機の拡充をはかりました。

私たちの特長である柔軟な対応力を活かし、
お客様のあらゆる疲労試験の実現に向けて親身な対応を致します。 ぜひ、ご相談ください。

疲労試験を利用したサービス

「テストピース」から「大型の構造物(実部品)」まで、幅広い領域で疲労試験サービスを提供します。

ユニット・アッセンブリ・コンポーネント

ユニット・アッセンブリ・コンポーネント

構造体(大型)、構造体(小型)、製品、単一部品

材料・素材・工法・基礎研究

材料・素材・工法・基礎研究

テストピース(TP)、新素材、異種材料接合、溶接、溶着、接着、リベット(かしめ)

疲労耐久性評価システムによる
耐久性評価サービス

疲労耐久性評価システムによる耐久性評価サービス

■単軸疲労耐久試験
■多軸疲労耐久試験(同期試験)
■実働波形による疲労耐久試験
■静的破壊試験

フレーム型疲労試験機による
疲労特性調査サービス

フレーム型疲労試験機による疲労特性調査サービス

■S-N線図取得
■高低温環境化での疲労特性調査
■規格試験(JIS/ISO)
■静的破壊試験

JTLの疲労試験サービスの強み

疲労試験サービスの8つの強みについてご紹介致します。

強み01

幅広い対応領域

幅広い対応領域

充実した試験設備により、「テストピース」から「大型の構造物(実部品)」まで、幅広い領域で疲労試験サービスをご提供します。
■フレーム型疲労試験機:全8台
■疲労耐久性評価システム:電気サーボ式加振機4台
■大型鋳鉄定盤2枚(5.4m×2.8m)

強み02

治具設計・作製

治具設計・作製

試験で治具が必要な場合、治具設計から製作までワンストップでご対応します。

強み03

親身な提案力

親身な提案力

具体的に試験可能な状態が整っていなくても、試験のご相談段階から親身にご対応します。

強み04

複合的な評価

複合的な評価

試験以外にも様々な評価設備を保有しており、これらを使用した複合的な評価をご提供します。
「非接触形状測定(ATOS)」 「精密寸法測定」「材料試験(引張/圧縮試験)」「振動試験」「破面解析」「表面/断面観察」「非破壊検査(X線CT/超音波探傷)」
など計測・試験・分析の分野で、総合的にサポートします。

強み05

多種多様な試験サンプル

多種多様な試験サンプル

素材では鉄鋼材に限らず非鉄金属・樹脂・ゴム・FRPなど、接合方法では溶接・接着・溶着・加締めなど、素材や工法を選ばずご対応可能です。

強み06

温度環境化での試験

温度環境化での試験

フレーム型疲労試験機には恒温槽が付いており、指定された温度環境化での疲労試験が実施可能です。
対応可能温度帯は-65℃~+300℃です。

強み07

充実した各種計測機器

充実した各種計測機器

ひずみゲージを使用した多チャンネル測定(最大50ch)や、変位センサー・圧力センサー・ロードセルなどを併用し、モニタリングしながらの試験も可能です。

強み08

土日・夜間も柔軟に対応

土日・夜間も柔軟に対応

お客様のご希望納期に最大限お応えするため、土日や夜間も試験を実施することができます。
お急ぎでお困りの際はご相談下さい。

こんなお客様におすすめです

大手受託業者・公共の試験場に依頼すると、こんな困り事はありませんか?

  • 試験の計画段階から相談に乗ってもらいたいのに、ほぼ試験が可能な状態にまで状況が整っていないと断られてしまう
  • 予め決められた条件をただ実施するだけの試験で、予想外の状況が発生しても対応してもらえない
  • 試験途中での相談などやりとりがなくて困っている
  • 公共の試験場は自身で段取りから実施する必要があり、また装置に空きがない事が多い
  • 公共の試験場では、長期間の試験は断られてしまう

疲労試験サービス主拠点

神奈川事業所
〒243-0425 神奈川県海老名市中野3-12-11
TEL:046-204-5712 FAX:046-204-5713
名古屋事業所
〒454-0036 愛知県名古屋市中川区二女子町7-65
TEL:052-355-9470 FAX:052-355-9471

お問合わせ

PAGE TOP