事例・分野から探す

分野別によくご依頼をいただくサービスを紹介します

樹脂試料の観察・分析

関連キーワード
FT-IR(フーリエ変換赤外分光光度計)
GC-MS(ガスクロマトグラフ質量分析計)
X線CT観察装置
X線透過観察装置
イオンミリング装置
カット機・研磨機
デジタルマイクロスコープ
冷熱衝撃試験機
引張圧縮試験機
樹脂
蛍光X線分析装置(XRF)
走査電子顕微鏡(SEM)
超音波顕微鏡
金属顕微鏡
電界放出型走査電子顕微鏡(FE-SEM)
電界放出型電子プローブマイクロアナライザ(FE-EPMA)

Introduction

近年、高分子材料を利用した樹脂・ゴム製品が様々な産業の発展を支えており、その組成や構造の解析は品質保証だけでなく新素材の開発などに非常に重要になります。
樹脂・高分子材料を使用した部品・製品に関する評価は、材質や使用目的などにより多岐にわたりますが、その中でも観察・分析に関する評価事例を中心にご紹介致します。

Method

FT-IR、GC-MSによる有機化合物の同定(定性)分析
・FT-IRやGC-MSなどの分析装置による化学結合状態分析は、測定で得られた情報(スペクトル)をデータベース(ライブラリ)や比較物質で照合をかけることで、物質の判別・同定・定量を行うことができます。
・構成される有機化合物(樹脂、プラスチック、ゴム等)の種類の同定や、異物・不純物の定性・定量分析や、試料に残存する溶媒の分析などにご利用いただけます。

EDX、WDX、ICP等を使用した微量元素分析
・EDX(SEM/XRF)やWDX(FE-EPMA/XRF)では、試料表面の元素分析やマッピングの実施が可能です。またICPなどの湿式分析では、試料に含有される微量元素をppb~ppmオーダーレベルで定量分析することが可能です。
・試料断面からの元素分布状態のマッピングや、RoHS指定の有害物質の分析などにご利用いただけます。

X線透過装置、X線CT装置、超音波顕微鏡による非破壊内部構造観察
・X線透過装置、X線CT装置、超音波顕微鏡は試料を破壊することなく内部構造を確認することができ、その撮影データから各種の測長・面積計算・体積計算を行うことも可能です。
・部品勘合部のはめ合い状態の観察や、樹脂成型品のボイド(空隙)の体積計算や、樹脂内部のフィラーの配向の確認などにご利用いただけます。

光学顕微鏡、電子顕微鏡による高倍率観察
・光学顕微鏡(金属顕微鏡、CCDなど)、走査電子顕微鏡(SEM、FE-SEM)、透過電子顕微鏡(TEM、STEM)による観察では、数倍~百万倍程度までの高倍率観察が可能です。観察前の断面研磨や薄膜加工も実施しております。
・基板表面の樹脂コーティングの断面観察や、樹脂の溶着部分の溶け込み状態の確認や、カーボンナノチューブの高倍率観察などの実施が可能です。

引張試験、環境試験等の各種試験にも対応
・観察、分析だけでなく、環境試験、信頼性試験、材料特性評価(機械的特性、摩耗特性、熱特性など)等の各種評価試験にも対応しております。
・樹脂成形品のヒートショック(冷熱衝撃)試験や、樹脂材料の応力-歪み線図の算出などの実施が可能です。

Result

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP