事例・分野から探す

分野別によくご依頼をいただくサービスを紹介します

疲労試験とCAE解析

関連キーワード
CAE解析
疲労

Introduction

疲労試験を実施することで製品のひずみデータを得ることができますが、試験状態を模擬するCAE解析では、ひずみデータを予測することが可能です。
実試験とCAE解析を組み合わせることで、製品に発生する現象をより理解できる評価になります。

Method

疲労試験では実装状態で製品を拘束することができ、実負荷に近い状態や方向で負荷を掛けることができます。
お客様のご希望に沿った拘束方法や方向、負荷値や負荷方向で試験をすることができます。
試験時にはひずみゲージを貼り付け、変形量や応力値をご確認いただけます。

CAE解析では、実際の疲労試験と同じ状態を設定することができます。

Result

疲労試験では、ひずみゲージを貼り付けることで変形量や応力値をご確認いただけます。
CAE解析では、実試験と同様の位置でひずみデータを取得することができます。
取得した両データを比較することで、製品の状態をより分かりやすく理解することが可能になります。また、CAE解析では実試験で測定していない部分のデータを知ることもでき、さらには測定できない項目を知ることもできます。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP