事例・分野から探す

分野別によくご依頼をいただくサービスを紹介します

HEXAGON製 三次元測定機による3Dモデル照合

関連キーワード
3Dモデル
HEXAGON
三次元測定機
照合

Introduction

3Dモデルを三次元測定機に取り込み、実製品と基準を合わせ照合をかけます。
視覚的に輪郭度の状態を確認したい時や、指定ポイントの出入りを確認したいという場合に有効です。
公差に応じて測定ポイント色が変化します。

Method

下図のように三次元測定機に3Dモデルを取り込みます。
CADモデルも座標系を持っているので、モデルと実製品の座標系を合わせ、評価をしたい(照合をかけたい)ポイントを測定すれば偏差ラベルが現れます。
※座標値を指定して測定することも可能です。

Result

照合結果から、CADモデルと実製品の偏差量を±0.2mmにて設定しており、その測定ポイントがどれだけの偏差量を持っているのか(CADとの差異)一目で分かります。
同時に測定をすれば各面の平面度や穴位置、直径なども同時に表示することが可能なので、モデル比較の参考資料として利用することができます。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP