事例・分野から探す

分野別によくご依頼をいただくサービスを紹介します

TDS-GC-MSによる加熱発生ガスの定性分析

関連キーワード
GC-MS(ガスクロマトグラフ質量分析計)
TDS-GC-MS
ガス分析
添加剤・ガス分析

Introduction

樹脂や金属、セラミックスなど固体試料を加熱炉で加熱(~450℃)して、アウトガスを測定します。
(450℃以上加熱の場合はバッチ式で可能です。)
発生ガスを濃縮して測定できるので、高感度での分析ができます。

Application

測定は主に下記目的で行われます。
・セラミックのバインダー発生ガス分析
・微量な製品付着物の分析
・樹脂、ゴムの有機添加剤の分析
・樹脂、ゴムの劣化分析

Result

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP