用語集

サービスに関する用語を詳しく解説しています

幾何偏差

形状、姿勢、位置、振れに対し製造形体に生じた狂いを幾何偏差 といいます。種類については、形状偏差、姿勢偏差、振れの4つからなります。

形状偏差真直度直線性が必要
平面度平面の精度が必要
真円度真ん丸さが要求される部品
円筒度丸物で曲がりをさけたい部品
線の輪郭度形状が一定でないと困る部品
面の輪郭度形状が一定でないと困る部品
姿勢偏差平行度平行が必要とされる部品
直角度直角を必要とされる部品
傾斜度角度の精度が必要とされる部品
位置偏差位置度位置の精度が必要とされる部品
同心度位置の精度が必要とされる部品
同軸度
対称度対称が必要とされる部品
振れ円周振れ-
全振れ-

お問合わせ

PAGE TOP