計測サービス

製品の精密寸法測定に関わるあらゆるニーズに
受託専門ならではの幅広い知識・設備力で対応します。

接触式測定機

三次元座標測定機による受託サービス

CNCの三次元座標測定機を用いて図面・3Dモデルに対する寸法測定・形状評価にご対応致します。

概要

CNCの三次元座標測定機を用いて図面・3Dモデルに対する寸法測定を実施し、測定データを検査表やモデル照合等のアウトプット方法にてご提出致します。
工程能力などの多数個測定時にはCNCプログラムにて自動測定のご対応が可能です。お客様が作製されたCNCプログラムでの自動測定にも対応しております。また、作製したプログラムをお客様の設備に導入させて頂くことも可能です。プログラム作製だけではなく、作製済みプログラムの他メーカーソフトへの変換、製品固定用治具の設計・製作までご対応致します。
製品や評価内容、要求精度に対して最適な測定結果をお出しできるよう、各種のサイズ・メーカー測定機、照合ソフトを多数ご用意しております。

特徴

大型の部品・治工具類の測定

測定機テーブルサイズ最大X900×Y1,600×Z800(mm)により、大型の部品・治工具類の測定が可能です。

3Dモデルとの比較照合測定

3Dモデルデータを取込み、オンラインでの照合測定が可能です。対応するCADモデル形式はIGES・SAT・STEPなどになります。

スキャニング(倣い)測定による形状評価

スキャニング測定により、3D自由曲面から平面的輪郭形状まで、設計値との比較照合が可能です。測定速度は0.5mm/sから、測定ピッチは0.001mm(実有効ピッチ0.01mm)から、測定点数は約20,000点までご対応可能です。出力点群データからポリラインによるDXF出力も可能です。

CNCプログラムでの自動測定

工程能力などの多数個測定時にはCNCプログラムにて自動測定のご対応が可能です。お客様が作成されたCNCプログラムでの自動測定にも対応しております。(※ソフトウェア、バージョンについて別途ご相談となります。)

用途

一般・精密寸法測定

線輪郭度の設計値照合評価 (FORMPAK)

金型CADモデルとの設計値照合評価 (CAT1000S)

試作品の3Dモデルとの比較照合 ( PolyWorks )

線輪郭度の設計値照合評価 (Calypso二次元カーブ)

平面度カラー段階比較 (HOLOS)

設備紹介

  • カールツァイス製

    PRISMO Navigator 7 9/15/7

    ●対応サイズ:X900×Y1,500×Z650mm
    ●最大許容指示誤差:0.9+L/350μm
    ●最大許容プロービング誤差:1.0μm
    ●最大許容スキャニング誤差:1.9μm
    ●所有事業所:名古屋

  • カールツァイス製

    PRISMO Navigator 7 9/12/7

    ●対応サイズ:X900×Y1,200×Z650mm
    ●最大許容指示誤差:0.9+L/350μm
    ●最大許容プロービング誤差:1.0μm
    ●最大許容スキャニング誤差:1.9μm
    ●所有事業所:名古屋

    高速スキャニングプローブ VAST GOLD
    ●スタイラス最大長さ:800mm
    ●最小先端チップ径:φ0.3mm

  • カールツァイス製

    CONTURA G2 7/10/6

    回転式プローブヘッド RDS
    ●対応サイズ:X700×Y1,000×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:1.8+L/300μm
    ●所有事業所:大阪

    高速スキャニングプローブ VAST XXT
    ●スキャニング精度:3.5μm
    ●スタイラス最大長さ:250mm
    ●最小先端チップ径:φ0.3mm

    ギヤ・歯車測定ソフト GEAR PRO(involute)
    ●平歯車・はすば歯車(外歯・内歯)の測定
    ●設計等級に対する実測等級の評価
    ※平面度や直角度という図面内の幾何公差も同時に測定可能

  • 東京精密製

    SVA600A

    ●対応サイズ:X650×Y500×Z450mm
    ●最大許容指示誤差:1.9+4L/1,000μm
    ●所有事業所:本社・名古屋
    ●所有台数:2台

  • 東京精密製

    SVA1000A

    ●対応サイズ:X850×Y1,000×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:1.9+4L/1,000μm
    ●所有事業所:本社・名古屋・大阪
    ●所有台数:6台

  • 東京精密製

    SVA Fusion 9/10/6

    ●対応サイズ:X850×Y1,000×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:1.9+4L/1,000μm
    ●所有事業所:名古屋

  • 東京精密製

    RVA1010A

    ●対応サイズ:X1,000×Y1,000×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:4.1+5L/1,000μm
    ●所有事業所:本社

  • ミツトヨ製

    Crysta-ApexC776

    ●対応サイズ:X700×Y700×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:1.9+3L/1,000μm
    ●所有事業所:名古屋・大阪
    ●所有台数:2台

  • ミツトヨ製

    Crysta-ApexC7106

    ●対応サイズ:X700×Y1,000×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:1.9+3L/1,000μm
    ●所有事業所:本社
    ●所有台数:2台

    スキャニングプローブ SP25M/SM25-2
    ●スキャニング精度:2.3μm以下
    ●スタイラス最大長さ:105mm
    ●最小先端チップ径:φ0.3mm

  • ミツトヨ製

    Crysta-ApexS9106

    ●対応サイズ:X900×Y1,000×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:1.9+3L/1,000μm
    ●所有事業所:名古屋
    ●所有台数:2台

    スキャニングプローブ MPP310Q
    ●スキャニング精度:1.4μm以下
    ●スタイラス最大長さ:200mm
    ●最小先端チップ径:φ0.3mm

  • ミツトヨ製

    Crysta-ApexS9108

    ●対応サイズ:X900×Y1,000×Z800mm
    ●最大許容指示誤差:1.9+3L/1,000μm
    ●所有事業所:名古屋

  • ミツトヨ製

    Crysta-ApexC9166

    ●対応サイズ:X900×Y1,600×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:1.9+3L/1,000μm
    ●所有事業所:大阪

    スキャニングプローブ SP600M
    ●スキャニング精度:5.0μm以下
    ●スタイラス最大長さ:200mm
    ●最小先端チップ径:φ0.3mm

  • ミツトヨ製

    Crysta-ApexC9168

    ●対応サイズ:X900×Y1,600×Z800mm
    ●最大許容指示誤差:1.9+3L/1,000μm
    ●所有事業所:本社

  • ミツトヨ製

    Crysta-ApexS9168

    ●対応サイズ:X900×Y1,600×Z800mm
    ●最大許容指示誤差:1.9+3L/1,000μm
    ●所有事業所:大阪

  • ミツトヨ製

    FALCIO-Apex710

    ●対応サイズ:X700×Y1,000×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:1.4+3L/1,000μm
    ●所有事業所:本社

  • ミツトヨ製

    FALCIO-Apex916

    ●対応サイズ:X900×Y1,600×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:2.2+3L/1,000μm
    ●所有事業所:本社

  • ミツトヨ製

    Bright-Apex910

    ●対応サイズ:X900×Y1,000×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:3.9+3L/1,000μm
    ●所有事業所:本社

    スキャニングプローブ MPP-5
    ●スキャニング精度:3.0μm以下
    ●スタイラス最大長さ:101mm
    ●最小先端チップ径:φ0.3mm

  • ヘキサゴン製

    GLOBAL Performance 9.12.8

    ●対応サイズ:X900×Y1,200×Z800mm
    ●最大許容指示誤差:1.8+L/333μm
    ●所有事業所:本社

    スキャニングプローブ HP-S-X1S
    ●スキャニング精度:2.9μm
    ●スタイラス最大長さ:115mm
    ●最小先端チップ径:φ0.3mm

  • ヘキサゴン製

    CROMA 8.10.6

    ●対応サイズ:X800×Y1,000×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:3.0+L/300μm
    ●所有事業所:本社

  • ヘキサゴン製

    CROMA 6.8.6

    ●対応サイズ:X600×Y800×Z600mm
    ●最大許容指示誤差:2.8+L/300μm
    ●所有事業所:本社
    ●所有台数:2台

Q&A

どんな製品が測れますか?
射出成型された樹脂・アルミ製品、切削品、鋳造品(ダイカストなど)が主な測定対象物です。
測定箇所に応じて、測定品のカットもお願いできますか?
切断設備を所有しておりますので、樹脂から金属まで切断可能です。可能であれば、予備品(最低2shot)の支給をお願いいたします。
※大型品(700×800×200mm以上)の切断は外注でのご対応になる為、別途費用を頂く場合がございます。
測定の基準などの打合せは必要でしょうか?
基本はお客様指定の手順に従って行います。お任せいただける場合は、図面・製品形状に合わせて固定方法や基準を設定して進めさせていただきます。
使用した測定機の校正証明書など頂けますか?
はい、可能です。
測定子の種類はどれくらいありますか?
最大φ30、最小φ0.3mmのスタイラスを保有していますが、その他特殊なスタイラスでの測定をご希望の方はご相談ください。
重量測定物運搬の設備(ホイスト等)はありますか?
電動リフト(最大300Kg)・チェーンブロック(最大1,500Kg)による測定機定盤への積み下ろし等の対応が可能です。重量300Kgを越える場合はチェーンブロックによる吊り上げ作業が必要となりますので、アイボルトをご支給ください。
どれくらいの大きさのワークが測れますか?
測定機テーブルサイズは最大でX900×Y1,600×Z800(mm)までになりますので、この範囲であればご対応可能です。
測定物に測定痕は残りますか?
通常の測定では痕が残ることは殆どありません。ただし、スキャニング(倣い)測定時は測定子(人工ルビー製)を押し付けての評価になりますので、痕が残る場合がございます。
測定治具は必要ですか?
弊社所有の固定用ブロック、クランプ治具を使用しますので、無くてもご対応可能です。
最大許容指示誤差の見方は?
最大許容指示誤差「1.9+3L/1,000μm」で「L=500mm」の場合では、1.9+3*500/1,000=3.4μmの誤差になりますが、これはプラスとマイナス片側での誤差になります。実際の測定では両側を考慮する必要があるため、3.4*2=6.8μmが実測定時の誤差になります。
測定子の最小径はどれくらいですか?
φ0.3mmのスタイラスが最小径となります。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP