計測サービス

製品の精密寸法測定に関わるあらゆるニーズに
受託専門ならではの幅広い知識・設備力で対応します。

プログラム導入

オフラインプログラム作製(G-Quality)の受託サービス

測定対象物のCADモデルから三次元測定プログラムを作製します。

概要

従来、三次元測定プログラム作製では測定機上でのティーチングによる作製が主流であり、測定物の成型・加工が完成してからプログラム作製することによりリードタイムが長くなってしまうという問題点がありました。
JTLでは、日本ユニシス・エクセリューションズ㈱様との共同開発によりオフラインティーチングソフト「G-Quality」を完成させ、お客様のリードタイム短縮に大きく貢献する事を目指して参りました。
こうして開発された「G-Quality」を使用して、お客様からお預かりしたCADモデルから三次元測定プログラムを作製するサービスをご提供致します。

特徴

納期短縮

測定品(実物)完成の待ち時間が不要となり、従来よりも納期短縮が可能です。

効率の良い作製

プログラム作製時にお客様の測定機を使用しないため、プログラム作製の間も測定機をご使用いただけます。

充実の機能

CAD機能の充実により治具形状の作製、測定品形状の修正等も容易に実施可能です。

安全性の確保

測定動作をシミュレーションし、干渉チェックを事前実施しますので、プログラム導入時の時間の短縮、安全性の確保が可能です。

多様に対応可能な変換出力

プログラム作製は共通フォーマットですが、出力時に各メーカー、ソフトに対応した変換出力が可能です。

三次元測定機自動測定プログラム作製システム「G-Quality」について

開発元:日本ユニシス・エクセリューションズ㈱/JTL㈱
変換出力方法:㈱ミツトヨ GEOPAK2700、㈱東京精密 XYANA2000→直接出力
      :㈱ミツトヨ MCOSMOS、㈱東京精密 Calypso→DMIS出力

用途

測定結果の3Dモデル上での誤差量出力例

複数三次元測定機(他ソフト)でのプログラム共有イメージ

報告書例

  • 測定項目一覧表

  • Geopak2700

  • Calypso

Q&A

専用治具は必ず必要ですか?
全自動でのプログラム測定がご希望であれば、専用治具をお奨めします。測定品の位置が毎回変わる場合は、マニュアル測定での実施も可能です。
CADモデルの形式は全て対応していますか?
IGES、JAMA-IS、STEP形式であれば直接の読込みが可能です。その他の形式(CATIAなど)の場合はご相談下さい。
スキャニング測定にも対応可能ですか?
各種フォーマットへの変換後に修正しますのでご対応可能です。
全ての測定コマンドに対応していますか?
一部対応していない測定コマンドがございます。各種フォーマットに変換後、追加で作製致します。
プログラムの現地導入は必須ですか?
プログラムをCD-R等で送付することも可能です。お客様で動作確認を実施される場合は、衝突等に注意して下さい。

その他

  • 【サービスの流れ】
    ①対象測定物のCADモデル・測定機モデル・スタイライスモデルをインポートし、測定環境を作製します。

  • ②画面内で測定要素・評価課題を定義します。

  • ③プログラム作製の完了後、干渉チェックを行い、各種プログラムフォーマットに出力して完了となります。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP