試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

特殊評価装置

ヘーズメーターによる受託サービス

ヘーズメーターを用いて物質表面の曇り度(ヘーズ値)の測定を実施します。

概要

本設備では、透明性の指標である曇り度(ヘーズ値)の測定を実施致します。
ヘーズメーターは、物質を通過する全光線に対する拡散光の割合をヘーズ値として求めます。完全な透明体はヘーズ値が0で、拡散光の成分が増える(曇り度合いが増える)に従ってヘーズ値は高くなります。このように物質表面の曇り度を数値化することで、透過性の評価が可能になります。
曇り度測定だけのご依頼はもちろん、キセノンウェザーメーターなどの耐候性試験や屋外曝露試験前後の曇り度(ヘーズ値)の評価にご利用いただけます。

特徴

様々な項目の測定が可能

ヘーズ(Haze)、全光線透過率(Tt)、拡散透過率(Td)、平行光線透過率(Tp)の測定が可能です。

各種の規格に対応した評価が可能

JIS K 7136、JIS K 7136-1、JIS K 7105、JIS R 3212(A光)、ASTM D1003、ISO 13468、ISO 14782に対応した評価が可能です。

長時間の測定が可能

TMダブルビーム(2光路)方式により、光量の変動を常に補償しているため、長時間安定した測定が可能です。
光源からの光が2つの光路に分けられ、平行度の高い平行光が、積分球の試料透過光側(測定開口)と補償開口側から交互に自動入射し測定します。

用途

塗装品の耐候性試験前後での曇り度合いの評価

プラスチック製品の屋外暴露試験前後での曇り度合いの評価

設備紹介

  • スガ試験機製

    HZ-V3

    ●測光方式:TMダブルビーム方式
    ●測定光:C光及びD65光
    ●測定項目:ヘーズ(Haze)、全光線透過率(Tt)、
     拡散透過率(Td)、平行光線透過率(Tp)
    ●試料寸法:最大260×180×厚さ30mm
    (試料台使用時:260×145×厚さ25mm)

    ●所有事業所:神奈川
    ●所有台数:1台

Q&A

測定可能な試料サイズはどれぐらいですか?
測定面でφ20mm以上のサイズが必要です。測定面がフラットなので、大きな試料も測定可能です。
どのような試料形態でも測定は可能ですか?
バルク(固体)試料だけでなく、液体試料の測定も可能です。
どのような項目の測定ができますか?
ヘーズ(Haze)、全光線透過率(Tt)、拡散透過率(Td)、平行光線透過率(Tp)が測定可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP