試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

環境試験機

塩水噴霧試験機による受託サービス

塩水噴霧試験機を用いて金属や表面処理の塩水に対する耐食性評価試験を実施します。

概要

本設備では、腐食液(塩化ナトリウム水溶液)を連続的に噴霧した雰囲気に試験片をさらして行う塩水噴霧試験(SST)を実施致します。
塩水噴霧試験は大気腐食を対象にした腐食試験法の一つで、長時間を費やして生じる腐食挙動を、短い時間に圧縮して評価することが可能です。
試験対象は金属材料またはメッキや塗膜等の表面処理品で、腐食・錆・変色・剥離・膨れ等の発生を調査します。

特徴

様々な試験規格にご対応

対応する規格としては、ISO 9227、JIS Z 2371、JIS H 8502 等になります。
塩水噴霧試験の中でも主に中性塩水噴霧試験に対応しており、35±1℃の雰囲気下で試験体に中性の5%塩化ナトリウム溶液を噴霧します。

pH変動を抑制した試験が可能

噴霧液の補給タンクはpH変動を抑止した設計構造になっています。またISO推奨の噴霧塔方式を採用しており、噴霧分布の均一性に優れています。

多数個、大型の試験片にご対応

試験槽内寸法はW1100×D600×H500(mm)あり、多数個の試験片や大型サイズの部品も試験を行うことが可能です。
150×70×1mmのサイズで60枚の試料を同時に試験することができます。

試験前後の調査もご対応

試験前後の腐食状態を確認するための、断面研磨・観察・分析や強度試験・剥離試験・硬さ試験等の各種評価のご対応が可能です。

用途

金属試料の錆の発生の有無の確認

メッキの塩水に対する耐食性の評価

塗装の選定のためのメーカー・条件毎の耐食性の比較

設備紹介

  • スガ試験機製

    STP-110

    ●噴霧液:5%中性塩化ナトリウム水溶液
    ●試験温度:35±1℃
    ●試験槽内寸法:W1,100×H500×D600mm
    ●試料枚数:最大60枚(試料寸法:150×70×1mm)

    ●所有事業所:春日井・神奈川
    ●所有台数:3台

Q&A

どれぐらいの大きさの試験片に対応できますか?
基本サイズは150×70×1mmになりますが、試験槽内(W1100×D600×H500mm)に入るサイズの試験片であれば試験の実施は可能です。
ただし槽内の噴霧塔等の位置関係により試験片が入らないこともありますので、まずはお問い合わせ下さい。
どんな材質・形状の試験片でも対応できますか?
危険なガスや液体が発生する試験片はお取り扱いできません。それ以外の試験片であれば基本的には実施可能です。
35℃5%以外の試験条件の対応は可能ですか?
35℃5%の条件以外にもご対応可能ですので、詳しくはお問い合わせ下さい。
試験前後の各種評価を行うことは可能ですか?
表面・断面についての拡大観察・結晶組織観察・元素分析や、強度試験・剥離試験・硬度測定等の各種の評価のご対応が可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP