試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

振動試験機

振動・衝撃振動試験機による受託サービス

振動試験機を用いて部品・製品を加振することで耐久性・性能評価を実施します。

概要

本設備は製品を加振して耐久性・性能を測ることで、その品質を保証する評価に利用されます。
実際に受ける負荷より大きなダメージを与える加速試験により、定められた製品寿命をクリアすることを保証する耐久性試験と、振動中に温湿度、電流、荷重などを印加し製品を作動状態で試験し機能性に問題がないかを評価する機能性試験など設備を使用し、あらゆる方法で製品に対する評価を行うことができます。

原理

振動耐久試験

実条件に近い加振を長時間実施することで、製品の耐久性や性能を測ります
振動耐久試験とは、製品が実際に使用される振動環境を再現し、製品の変化や耐久性を測定する試験です。国内・国際規格に基づく試験の他に、社内独自の試験規格を設けている企業もあり、実環境に近い条件で振動環境を再現し、指定の加振時間・回数を実施することで試験の信頼性がより高まります。

特徴

様々な規格の試験に対応

様々な規格・規格外試験に対応致します。

大型製品にもご対応

加振機のテーブルサイズは、垂直最大1,000×1,000mm、水平最大800×800mmで、大型な製品・治具の振動試験にご対応が可能です。

恒温槽内での振動試験にもご対応

加振機には恒温恒湿槽が備わっていますので、温度環境下における振動試験にご対応可能です。
温度は-70℃~180℃まで対応、広範囲な温度環境を再現可能です。

試験治具の丸投げが可能

振動試験を実施するためには治具を準備する必要があります。オリジナルな治具が必要になった場面も、JTLでは治具の設計から製作まで請け負っております。
※治具製作のみのご依頼は請け負っておりません。

用途

電装関連の試験

・オーディオシステムのJIS1601 5.3に基づいた共振探査・振動耐久試験
・ECU振動試験

エンジン関連の試験

・ターボチャージャー複合振動耐久試験
・スパークプラグ振動・衝撃試験

ボディ関連の試験

・サイドミラー振動耐久試験
・ラジエータ振動耐久試験にて耐久性を確認

シャーシ関連の試験

・ホイール組付けボルトの緩み量測定
・マフラーの振動耐久試験にて耐久性を確認

設備紹介

  • 振研製

    G-0220L(P)

    ●加振方式:1軸垂直
    ●最大加振力:サイン:20KN【2,040kgf】
     ランダム:14KNrms【1,428kgf rms】
     ショック:30KN【3,060kgf】
    ●最大加速度 ※1:サイン:980m/s²【100G】
     ランダム:686m/s²rms【70Grms】
     ショック:1,470m/s²【150G】
    ●最大速度:2.0m/sec
    ●最大変位:51mmp-p
    ●振動数範囲 ※2:振動発生機単体:3Hz~2,000Hz ※3
    ●可動部質量:振動発生機単体:20.4kg
    ●駆動テーブル寸法:φ300mm
    ●最大搭載質量 ※4:300kg
    ●許容偏芯モーメント:980N・m
    ●特殊試験ソフト:ノッチ(リミット)コンロトール:1台

    ●所有事業所:春日井
    ●所有台数:3台

    恒温恒湿槽
    ●所有台数:1台
    ●槽内寸:1,000×1,000×1,000mm
    ●温度範囲:-40~180℃/20~98%RH
    ●温度分布精度:±2.0℃以内
    ●温湿度調節変動幅:±0.5℃以内/±3.0%RH以内
    ●温度上昇時間:+20℃~+150℃/60分以内
    ●温度下降時間:+20℃~-40℃/90分以内
    ●低温連続運転時間:-40℃にて24時間可能

    ※1:無負荷時
    ※2:サイン時は基本5Hz〜、ランダム時は基本3Hz~
    ※3:1.5kHz以上、-6dB/oct減衰
    ※4:中心位置復元可能質量、垂直テーブル含む

  • 振研製

    G-0220LSP

    ●加振方式:1軸垂直
    ●最大加振力:サイン:20KN【2,040kgf】
     ランダム:14KNrms【1,428kgf rms】
     ショック:30KN【3,060kgf】
    ●最大加速度 ※1:サイン:546m/s²【56G】
     ランダム:441m/s²rms【45Grms】
     ショック:823m/s²【84G】
    ●最大速度:2.4m/sec
    ●最大変位:80mmp-p
    ●振動数範囲 ※2:振動発生機単体:3Hz~2,000Hz ※3
    ●可動部質量:振動発生機単体:36kg
    ●駆動テーブル寸法:φ360mm
    ●最大搭載質量 ※4:300kg
    ●許容偏芯モーメント:980N・m
    ●特殊試験ソフト:ノッチ(リミット)コンロトール:1台

    ●所有事業所:神奈川
    ●所有台数:1台

    恒温恒湿槽
    ●槽内寸:1,000×1,000×1,000mm
    ●温度範囲:-40~180℃/20~98%RH
    ●温度分布精度:±2.0℃以内
    ●温湿度調節変動幅:±0.5℃以内/±3.0%RH以内
    ●温度上昇時間:+20℃~+150℃/60分以内
    ●温度下降時間:+20℃~-40℃/90分以内
    ●低温連続運転時間:-40℃にて168時間可能

    ※1:無負荷時
    ※2:サイン時は基本5Hz〜、ランダム時は基本3Hz~
    ※3:1.5kHz以上、-6dB/oct減衰
    ※4:中心位置復元可能質量、垂直テーブル含む

  • 振研製

    G-0230L(P)

    ●加振方式:1軸垂直、1軸水平/垂直切換式
    ●最大加振力:サイン30KN【3,060kgf】
     ランダム:21KNrms【2,060kgf rms】
     ショック:45KN【4,410kgf】
    ●最大加速度 ※1:サイン:833m/s²【85G】
     ランダム:588m/s²rms【60Grms】
     ショック:1,244m/s²【127G】
    ●最大速度:1.7m/sec
    ●最大変位:51mmp-p
    ●振動数範囲 ※2:振動発生機単体:3Hz~2,000Hz ※3
     水平テーブル:3Hz~1,000Hz(□700AL、□700MG)
    ●可動部質量:振動発生機単体:33kg
     水平テーブル:65kg(□700AL)、45.5kg(□700MG)
    ●駆動テーブル寸法:φ360mm
    ●最大搭載質量 ※4:300kg
    ●許容偏芯モーメント:980N・m(垂直)、1,470N・m(水平)
    ●特殊試験ソフト:短波形再現(TTH):2台
     ノッチ(リミット)コンロトール:3台

    ●所有事業所:春日井
    ●所有台数:5台

    ※1:無負荷時
    ※2:サイン時は基本5Hz〜、ランダム時は基本3Hz~
    ※3:1.5kHz以上、-6dB/oct減衰
    ※4:中心位置復元可能質量、垂直テーブル含む

  • 振研製

    G-0235LP

    ●加振方式:1軸垂直、1軸水平/垂直切換式
    ●最大加振力:サイン:34.3KN【3,500kgf】
     ランダム:24KNrms【2,450kgf rms】
     ショック:51KN【5,200kgf】
    ●最大加速度 ※1:サイン:1,000m/s²【102G】
     ランダム:595m/s²rms【71Grms】
     ショック:1,538m/s²【157G】
    ●最大速度:2.0m/sec
    ●最大変位:51mmp-p
    ●振動数範囲 ※2:振動発生機単体:3Hz~2,000Hz ※3
     水平テーブル:3Hz~1,000Hz(□700MG)
    ●可動部質量:振動発生機単体:33kg
     水平テーブル:45.5kg(□700MG)
    ●駆動テーブル寸法:φ360mm
    ●最大搭載質量 ※4:300kg
    ●許容偏芯モーメント:980N・m(垂直)、1,470N・m(水平)
    ●特殊試験ソフト:重畳(SOS/SOR/MOS):2台
     短波形再現(TTH):2台
     ノッチ(リミット)コンロトール:3台

    ●所有事業所:春日井・神奈川
    ●所有台数:6台

    恒温恒湿槽
    ●所有台数:4台(槽内寸:1,000×1,000×1,000mm)
     1台(槽内寸:1,500×1,500×1,300mm)
     1台(槽内寸:1,500×1,500×1,500mm)
    ●温度範囲:-40~180℃/20~98%RH
    ●温度分布精度:±2.0℃以内
    ●温湿度調節変動幅:±0.5℃以内/±3.0%RH以内
    ●温度上昇時間:+20℃~+150℃/60分以内
    ●温度下降時間:+20℃~-40℃/90分以内
    ●低温連続運転時間:-40℃にて168時間可能

    ※1:無負荷時
    ※2:サイン時は基本5Hz〜、ランダム時は基本3Hz~
    ※3:1.5kHz以上、-6dB/oct減衰
    ※4:中心位置復元可能質量、垂直テーブル含む

  • IMV製

    J250/SA6M

    ●加振方式:1軸垂直
    ●最大加振力:サイン:40KN【4,080kgf】
     ランダム:40KNrms【4,080kgf rms】
     ショック:80KN【8,150kgf】
    ●最大加速度 ※1:サイン:851m/s²【87G】
     ランダム:595m/s²ms【61Grms】
     ショック:1,702m/s²【173G】
    ●最大速度:2.4m/sec
    ●最大変位:100mmp-p
    ●振動数範囲 ※2:振動発生機単体:~2,200Hz
    ●可動部質量:振動発生機単体:47kg
    ●駆動テーブル寸法:φ440mm
    ●最大搭載質量 ※3:600kg
    ●許容偏芯モーメント:1,550N・m
    ●特殊試験ソフト:重畳(SOS/SOR/MOS):1台
     短波形再現(TTH):1台
     ノッチ(リミット)コンロトール:1台

    ●所有事業所:春日井・神奈川
    ●所有台数:3台

    恒温恒湿槽
    ●所有台数:3台
    ●槽内寸:1,000×1,000×1,000mm
    ●温度範囲:-70~180℃/20~98%RH
    ●温度分布精度:±3.0℃以内
    ●温湿度調節変動幅:±0.5℃以内/±3.0%RH以内
    ●温度上昇時間:-70℃~+180℃/120分以内 ※4
    ●温度下降時間:+20℃~-70℃/100分以内 ※4
    ●低温連続運転時間:-40℃にて700時間可能

    ※1:無負荷時
    ※2:サイン時は基本5Hz〜、ランダム時は基本3Hz~
    ※3:中心位置復元可能質量、垂直テーブル含む
    ※4:AL20kg時

  • IMV製

    J250/SA6M

    ●加振方式:1軸水平/垂直切換式
    ●最大加振力:サイン:40KN【4,080kgf】
     ランダム:40KNrms【4,080kgf rms】
     ショック:80KN【8,150kgf】
    ●最大加速度 ※1:サイン:888m/s²【90G】
     ランダム:622m/s²rms【63Grms】
     ショック:1,777m/s²【181G】
    ●最大速度:2.4m/sec
    ●最大変位:100mmp-p
    ●振動数範囲 ※2:振動発生機単体:~2,200Hz
     水平テーブル:~2,000Hz(□800MG)
    ●可動部質量:振動発生機単体:45kg
     水平テーブル:93kg(□800MG)
    ●駆動テーブル寸法:φ440mm
    ●最大搭載質量 ※3:600kg
    ●許容偏芯モーメント:1,550N・m(垂直)、2,200N・m(水平)
    ●特殊試験ソフト:重畳(SOS/SOR/MOS):1台
     短波形再現(TTH):1台

    ●所有事業所:春日井
    ●所有台数:1台

    ※1:無負荷時
    ※2:サイン時は基本5Hz〜、ランダム時は基本3Hz~
    ※3:中心位置復元可能質量、垂直テーブル含む

  • 振研製

    G-0220NSH

    ●加振方式:1軸水平/垂直切換式
    ●最大加振力:サイン:20KN【2,040kgf】
     ランダム:14KNrms【1,428kgf rms】
     ショック:30KN【3,060kgf】
    ●最大加速度 ※1:サイン:769m/s²【78.5G】
     ランダム:538m/s²rms【54Grms】
     ショック:1,153m/s²【117G】
    ●最大速度:2.0m/sec
    ●最大変位:100mmp-p
    ●振動数範囲 ※2:振動発生機単体:3Hz~2,000Hz ※3
     水平テーブル:3Hz~1,000Hz(□600MG)
    ●可動部質量:振動発生機単体:28kg
     水平テーブル:32kg(□600MG)
    ●駆動テーブル寸法:φ300mm
    ●最大搭載質量 ※4:300kg
    ●許容偏芯モーメント:490N・m(垂直)、1,470N・m(水平)
    ●特殊試験ソフト:短波形再現(TTH):1台

    ●所有事業所:春日井
    ●所有台数:1台

    ※1:無負荷時
    ※2:サイン時は基本5Hz〜、ランダム時は基本3Hz~
    ※3:1.5kHz以上、-6dB/oct減衰
    ※4:中心位置復元可能質量、垂直テーブル含む

  • 振研製

    G-0230NSH

    ●加振方式:1軸水平/垂直切換式
    ●最大加振力:サイン:30KN【3,060kgf】
     ランダム:24KNrms【2,450kgf rms】 
     ショック:60KN【6,120kgf】
    ●最大加速度 ※1:サイン:769m/s²【78.5G】 
     ランダム:607m/s²rms【62Grms】 
     ショック:1,303m/s²【133G】 
    ●最大速度:2.0m/sec
    ●最大変位:100mmp-p
    ●振動数範囲 ※2:振動発生機単体:3Hz~2,000Hz ※3
     水平テーブル:3Hz~1,000Hz(□600MG)
    ●可動部質量:振動発生機単体:33kg
     水平テーブル:32kg(□600MG)
    ●駆動テーブル寸法:φ360mm
    ●最大搭載質量 ※4:300kg
    ●許容偏芯モーメント:490N・m(垂直)、1,470N・m(水平)

    ●所有事業所:春日井
    ●所有台数:1台

    ※1:無負荷時
    ※2:サイン時は基本5Hz〜、ランダム時は基本3Hz~
    ※3:1.5kHz以上、-6dB/oct減衰
    ※4:中心位置復元可能質量、垂直テーブル含む

  • IMV製

    i230/SA2M

    ●加振方式:1軸垂直
    ●最大加振力:サイン:16KN【1,632kgf】
     ランダム:16KNrms【1,632kgf rms】
     ショック:32KN【3,264kgf】
    ●最大加速度 ※1:サイン:1,159m/s²【118G】
     ランダム:811m/s²rms【82Grms】
     ショック:2,318m/s²【236G】 
    ●最大速度:2.2m/sec
    ●最大変位:51mmp-p
    ●振動数範囲 ※2:振動発生機単体:~3,000Hz
    ●可動部質量:振動発生機単体:13.8kg
    ●駆動テーブル寸法:φ200mm
    ●最大搭載質量 ※3:300kg
    ●許容偏芯モーメント:700N・m
    ●特殊試験ソフト:ノッチ(リミット)コンロトール:1台

    ●所有事業所:神奈川
    ●所有台数:1台

    恒温恒湿槽
    ●槽内寸:1,000×1,000×1,000mm
    ●温度範囲:-70~180℃/20~98%RH
    ●温度分布精度:±3.0℃以内
    ●温湿度調節変動幅:±0.5℃以内/±3.0%RH以内
    ●温度上昇時間:-40℃~+180℃/100分以内 ※4
    ●温度下降時間:+20℃~-40℃/60分以内 ※4
    ●低温連続運転時間:-40℃にて700時間可能

    ※1:無負荷時
    ※2:サイン時は基本5Hz〜、ランダム時は基本3Hz~
    ※3:中心位置復元可能質量、垂直テーブル含む
    ※4:AL20kg時

Q&A

どのような設備がありますか?
垂直・水平振動試験装置、恒温槽、衝撃試験装置など、様々な振動試験装置を完備しています。
・垂直式振動試験装置・・・8台(恒温槽付き6台)
・水平・垂直振動試験装置・・・12台(温槽付き10台)
・水平・垂直衝撃村道試験装置・・・2台
計22台
長期試験はできますか?
可能です。当社は24時間連続運転、土日試験にも対応しています。試験室は全て個室になっており、他のお客様に製品が見られてしまうことはありません。防犯カメラも設置しておりますので24時間連続稼動が可能です。
月単位・年単位で試験室ごとお貸しすることもできます。試験機が混み合っている場合は申し込みをいただいたお客様を優先させていただきます。納期等ご相談下さい。
立会試験は可能ですか?
はい、ご対応可能です。立会時間は9:00~18:00、18:00~22:00が基本時間です。
時間外でもご相談下さい。お客様の希望立会い時間、日数に可能な限り調整させて頂きます。
工具類はありますか?
基本的なものは揃えております。作業台や台車、踏み台などもお貸しできます。測定に必要な機器や特殊な工具が必要な場合、その他備品などで準備するものがございましたら事前にご連絡下さい。
デモ試験を見せてもらえますか?
はい、ご対応可能です。ご見学はお気軽にお問い合わせ下さい。実際に試験装置をご覧いただけるほか、実際に試験機を動かすことも可能です。
試験室のスケジュールを調整する必要がございますので、一度お問い合わせ下さい。
ユニット品の対応はできますか?
はい、ご対応可能です。大きさや重量、形状がわかる資料をご呈示下さい。加振機に取り付けられる形状であるか判断させていただきます。 取り付け可能であっても、加振テーブルからはみ出すような大きさ等、お客様側のご判断となる場合もございますのでご相談下さい。
通電機能検査はできますか?
はい、ご対応可能です。安全性を優先した試験を行っています。JTLが所有している試験機は恒温槽はロック機能と防爆孔で安全設計です。お客様の持ち込み機材と接続することも可能で、必要なデータを直接取っていただくことができます。
規格試験はできますか?
はい、ご対応可能です。JIS、ISO、IEC、ETSI等対応しております。
なお、規格試験の場合でも、お客様に加振条件を決定していただく項目もありますので、その際はご相談致します。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP