試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

材料試験

クリープ試験の受託サービス

材料・製品のクリープ特性評価を常温及び温度環境下でご対応します。

概要

本サービスでは、試験片を一定の温度に保持し、これに一定の荷重を加えて時間と共に変化するひずみを測定(材料の長さの変化、あるいは破断までの時間)するクリープ試験にご対応します。特に高温で長時間使用される材料の評価に行われる試験です。クリープ曲線・クリープ強さ・時間歪みを求める事ができます。
材料に一定の荷重を与えたままで長時間放置すると、その時間の経過に伴って変化が増大し、限度を超えると最終的には破壊に至ります。 引張りクリープ試験はそのクリープ破壊寿命を知るための試験になります。また、破壊に至るまでの時間を、応力(荷重)を変えて測定しグラフにプロットします。この曲線から破壊に達する応力と時間の関係が求めらます。
※JTLでは、引張圧縮試験機にてクリープ試験サービスをご提供しています。一部ご対応できない試験条件もございますので、ご相談下さい。

特徴

幅広い温度条件での対応可能

引張圧縮試験機に恒温槽・大気炉を組み合わせる事で、常温のみならず、低温から高温環境下での試験に対応致します。
この事により、製品を実際の使用環境に近い状況での評価が可能となります。
●高温用大気炉
300℃~1100℃
●高温・低温用恒温槽
-150℃~320℃

欲しいデータを的確に

基本のデータ出力形式のみならず、お客様のご要望に応じた形でデータをご提出致します。

設備紹介

用途

JIS規格に対応した試験片のクリープ試験

材質は、金属からプラスチック、ゴム、カーボン等幅広く対応

<JIS規格 例>
JIS K 7115 (引張クリープ):プラスチック
JIS K 7116 (3点負荷による曲げクリープ ):プラスチック
JIS Z 2271 (クリープ及びクリープ破断試験方法):金属
JIS Z 2271 (引張クリープ破断試験方法):金属
その他、ファインセラミックス及び、木材などにも規格があります。
(※一部、内容によってはご対応できない場合もございます。)

製品や部品そのままの状態でのクリープ試験

報告書例

  • 表紙

  • 試験条件・風景

  • 試験結果

PDFダウンロード

Q&A

恒温槽の大きさはどの位ですか?
【島津製作所製】幅382mm×奥行382mm×高さ725mm
【インストロン社製】幅400mm×奥行400mm×高さ560mm、になります。
恒温槽は何℃まで対応していますか?
【島津製作所製】低温側(-150℃)~高温側(320℃)
【インストロン社製】低温側(-150℃)~高温側(600℃)、まで対応しています。
大気炉はの大きさはどの位ですか?
【島津製作所製】内径φ75mm×長さ400mm
【インストロン社製】内径φ75mm×長さ303mm、です。
大気炉は何℃まで対応していますか?
300℃~1000℃まで対応しています。
※島津製作所製は1100℃まで。
伸びの測定は可能ですか?
伸び計にてご対応可能です。
伸び計の仕様は、
【島津製作所製】標点距離50mmに対し、10%の伸び
【インストロン社製】標点距離25mmに対し、50%の伸び、になります。
なお、伸び計でのご対応が困難な場合は、装置のストロークで代用させて頂く事もございます。
試験片を作成する事は可能ですか?
はい、可能です。
データは、エクセルなどで頂けますか?
はい、お客様のご希望をお知らせ下さい。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP