試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

材料試験

クリープ試験の受託サービス

試験片や製品のクリープ特性評価を高温・低温環境下や湿度環境下でご対応します。

概要

本サービスでは、材料のクリープ(一定の力を与え続けたときに"ひずみ"が時間とともに増大する現象)を測定します。
JTLでは、高温/高湿や低温環境下での測定にご対応します。JIS等の試験片はもちろん、規格外の製品や試験片であっても、
治具作製や試験片加工を行うことにより柔軟にご対応します。

※JTLでは、協力会社と共同でオリジナルクリープ試験機の製作を行っております。

特徴

多種多様な材料・形状での試験片、種々の試験方法にご対応します

樹脂全般及び一部の金属材料にご対応します。
引張クリープ以外に圧縮クリープ及び曲げクリープにご対応します。 
試験片での試験はもちろん、特殊な形状のサンプルに対しても治具の作製からご提案します。

幅広い温度領域をカバー

クリープ試験機に恒温恒湿槽を組み合わせることにより、低温から高温環境下での試験にご対応します。
また、30~95%RHの湿度を保ちながらの試験が可能ですので、より実際の使用環境に近い状況での評価が可能です。

より高荷重/低荷重の試験では引張試験機にてご対応します

クリープ試験機では制御が難しく対応できない低荷重や高荷重の試験も、引張圧縮試験機にてご対応します。
※一部試験条件に制限がございます。

設備紹介

用途

試験片を用いた、種々の規格試験の実施

試験例:JIS K7115 プラスチックダンベル試験片(ポリプロピレン)の引張クリープ試験

製品・部品状態での試験実施

製品・部品形状そのままでの試験、もしくは一部を切り出しての試験など、製品の使用状況に即した試験を実施いたします。

JIS規格に対応した試験片のクリープ試験

JIS K7115 プラスチック-クリープ特性の試験方法-第1部:引張クリープ
JIS K7116 プラスチック-クリープ特性の試験方法-第2部:3点負荷による曲げクリープ
JIS Z2271 金属材料のクリープ及びクリープ破断試験方法
その他、セラミックスや接着剤などにも規格があります。

報告書例

  • 表紙

  • 試験概要

  • 試験条件

  • 試験結果

PDFダウンロード

Q&A

荷重範囲はどれくらいですか?
1kgf~800kgfまで1kgf刻みで設定可能です。
これ以外にもご対応可能な場合もありますので、まずはお問い合わせください。
恒温槽は何℃まで対応していますか?
【クリープ試験機】
温度範囲:-30~200℃
湿度範囲:30~95%RH(※30~85℃において)
【引張試験機】
温度範囲:-150~600℃
変位測定方法について教えてください.
試験機可動部に取り付けられたセンサにより、試験片の全伸びを最大50mmまで測定します。
また、ひずみゲージを用いて試験片標点部のひずみ測定も可能です。
オリジナル試験機とは何ですか?
お客様にとってクリープ試験をより身近に感じていただくことを目指して製作しました。
『バックデータとしてクリープ特性も調べておきたい』といった用途にピッタリです。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

PAGE TOP