試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

特殊評価

光沢度測定の受託サービス

物体表面の鏡面光沢度を数値化することで外観のつやを評価します。

概要

本サービスでは、光沢計による表面光沢度の測定を受託にて承ります。
光沢(鏡面光沢度)は一般的につやと呼ばれ、光沢計はこの光沢度を数値化することで、つやの評価を実施することができます。
プラスチック、塗膜、アルミの陽極酸化皮膜、ほうろうなどの測定が可能で、キセノンウェザーメーターのような耐候性試験や屋外曝露試験前後の試験片の光沢度の評価にご利用いただけます。

特徴

多角度での測定が可能

JIS Z 8741 鏡面光沢度の測定方法に規定のある4角度の測定が可能です。
パラメーターとしては、Gs(20°)、Gs(45°)、Gs(60°)、Gs(85°)になります。

高精度な測定が可能

測定角度が固定された構造になっており、測定再現性に優れています。

設備紹介

用途

塗膜の耐候性試験前後での鏡面光沢度

プラスチック製品の屋外曝露試験前後での鏡面光沢度

Q&A

測定可能な試料サイズはどれぐらいですか?
測定面で20×50mm以上のサイズが必要です。測定面がフラットなので、大きな試料も測定可能です。
どのような試料形態でも測定は可能ですか?
バルク(固体)試料のみ測定が可能です。
どのような項目の測定ができますか?
「GSs」…データ更新後最初の鏡面光沢度測定値
「GS」…鏡面光沢度測定値
「△GS」…鏡面光沢度測定の差(GS-GSs)
「RRG」…光沢残存率(GS/GSs)

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP