試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

特殊評価

曇り度(ヘーズ値)測定の受託サービス

透明性の指標である曇り度を数値化することで透過性を評価します。

概要

本サービスでは、曇り時計(ヘーズメーター)による曇り度(濁度)の測定を受託にて承ります。
プラスチック、ガラス、ジュース、果汁、医薬品(液)、化粧水のほか、液晶ディスプレイや太陽電池モジュールに使用されるフィルム・封止材など、様々な分野の透過性のある製品を測定することが可能です。
曇り度測定だけのご依頼はもちろん、キセノンウェザーメーターなどの耐候性試験や屋外曝露試験前後における試験品のヘーズ評価など、複合的な評価にもご利用いただけます。

特徴

様々な項目の測定が可能

ヘーズ(Haze)、全光線透過率(Tt)、拡散透過率(Td)、平行光線透過率(Tp)の測定が可能です。

各種の規格に対応した評価が可能

JIS K 7136、JIS K 7136-1、JIS K 7105、JIS R 3212(A光)、ASTM D1003、ISO 13468、ISO 14782に対応した評価が可能です。

耐候性試験前後のヘーズ評価も一括対応

弊社はヘーズメーターの他に、耐候性試験機(キセノンウェザーメーター)も所有しています。
耐候性試験前後の試験品のヘーズ値測定も社内で一括対応できますので、ワンストップでご利用頂けます。

設備紹介

用途

塗装品の耐候性試験前後での曇り度合いの評価

プラスチック製品の屋外暴露試験前後での曇り度合いの評価

報告書例

  • 表紙

  • 測定概要

  • 測定結果

PDFダウンロード

Q&A

測定可能な試料サイズはどれぐらいですか?
測定面でφ20mm以上のサイズが必要です。測定面がフラットなので、大きな試料も測定可能です。
どのような試料形態でも測定は可能ですか?
バルク(固体)試料だけでなく、液体試料の測定も可能です。
どのような項目の測定ができますか?
ヘーズ(Haze)、全光線透過率(Tt)、拡散透過率(Td)、平行光線透過率(Tp)が測定可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP