試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

環境試験

高温・低温放置試験の受託サービス

一定温度(高温・低温)を負荷する事で信頼性・耐久性を評価します。

概要

本サービスでは、恒温恒湿試験器・定温恒温器(低温恒温・高温恒温試験器)・大気炉(高温電気炉)を使用して、試験品に一定の温度負荷(低温側-70℃~高温側+1100℃)を与え続け、温度に対する耐久性・信頼性の評価を実施致します。
試験を行いながらの試験品温度測定や電流・電圧・抵抗のモニタリング、試験前後の写真撮影や寸法測定など、製品・材料に求められる機能や特性を考慮した試験方法をご提案させていただきます。

特徴

幅広い温度領域にご対応

温度範囲は低温側-70℃から高温側+1100℃までのご対応になります。温度サイクル試験は冷熱衝撃試験器や恒温恒湿試験器にてご対応可能です。

大小各種サイズの試験槽をご用意

恒温恒湿試験器はW500mm×H350mm×D350mmの小型のものから、W1,000mm×H1,000mm×D800mmの大型のものまで、試験体サイズ・目的に合わせた試験槽をご利用いただけます。

温度試験に関連する各種計測・観察・分析にもご対応

試験中や試験前後に実施する計測・観察・分析などの各種の評価にも対応しております。試験品温度測定、電流・電圧・抵抗のモニタリング、写真撮影、成分分析、寸法測定、エアリークテスト、残留応力測定など、幅広くご対応が可能です。

設備紹介

用途

電子部品・機器の低温・高温環境下での特性評価

輸送時に遭遇する温度環境が製品に与える影響の調査

高温試験後の表面処理(メッキ・塗膜など)の密着性の評価

樹脂成型品の熱膨張の調査

気密性の高い製品に対する温度試験後のエアリークチェック

報告書例

  • 表紙

  • 試験条件・風景

  • 試験結果

PDFダウンロード

Q&A

温度変化はどれくらい早くできますか?
一般的な恒温恒湿試験器は温度上昇3℃/分、温度下降1.5℃/分になりますが、HITACHI製恒温恒湿試験器EC-35EXHを利用することで温度変化10℃/分(-40℃⇔85℃において)まで、ご対応可能になります。
通電状態での試験は可能ですか?
はい、ご対応可能です。槽内部と外部をつなぐ測定孔により、通電や試験体の温度測定、電気的特性の評価などで使用するケーブルを通すことができます。
立会いでの試験の実施は可能ですか?
はい、ご対応可能です。お客様にて試験付帯装置をご用意いただいて、同時評価を行うことも可能です。
試験後の試料の破壊状態の確認・評価の実施は可能ですか?
はい、ご対応可能です。目視検査によるクラックの有無の確認や、マイクロスコープでの外観検査、研磨・SEM観察による断面観察、エアリークテストなど、各種の評価が可能です。
報告書はどのようなフォーマットでいただけますか?
報告書のフォーマットは上記の報告書例がベースになりますが、ご希望がございましたら作業前にお知らせ下さい。試験データは報告書以外にも電子データにて納品させていただきます。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP