分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

形態観察装置

デジタルマイクロスコープによる受託サービス

デジタルマイクロスコープを用いて試料の形態観察・各種計測を実施します。

概要

デジタルマイクロスコープ(CCD)は、カラーでの写真撮影、3D合成表示、動画撮影、寸法測定・面積計測などの機能を持っており、観る・録る・測ることによって試料表面の各種の情報を得ることが可能です。下記のような評価目的でご使用いただけます。
・カラー&高倍率で写真撮影がしたい。
・高倍率で観察をしながら寸法測定がしたい。
・試料表面の凹凸を簡易的に3D表示したい。
・高倍率での動画撮影がしたい。
観察・測定データのご提供だけでなく、環境試験や材料試験、試料の前処理(カット・研磨・エッチング)、表面分析などの一連の調査・評価作業も実施致します。

特徴

×5~×5,000の幅広い倍率設定

観察の目的に応じたレンズ・倍率・照明の選択が可能です。低倍率側は×5~、高倍率側は~×5,000の観察が可能です。

深い被写界深度による鮮明な画像

マイクロスコープは焦点深度が深く、深度合成機能により凹凸・高低差のある試料でも鮮明な観察を行うことが可能です。

最高5,400万画素の超高精細な観察

1,800万画素×3CCDモードで、優れた色再現性と超高精細な画像を得ることが可能です。

焦点補正よる観察画像の処理

【ハレーション除去】
レンズ光源による金属面の反射光(ハレーション)で写真が光って表面状態が観察しづらいことがありますが、反射光を除去することで鮮明な写真を得ることが可能です。
【深度補正】
高低差のある試料では通常の撮影で焦点の合わない部分がぼやけてしまいますが、高さ方向に対してピントを変えながら写真を複数枚撮影し、これらを合成処理することによってピントの合った1枚の写真を得ることが可能です。
【画像連結】
画像連結機能により、任意のXY方向で画像をつなぎ合わせることが可能です。高倍率のまま観察範囲を広げることができます。
※ハレーション除去機能との併用はできません。

2次元計測・面積計算

撮影した写真データでは、画像処理による寸法測定(距離・半径)や面積計算が可能です。

合成3Dイメージ画像の表示

2次元写真の合成処理から3Dイメージ画像を作成することによって、試料の凹凸を立体的に観察することが可能です。(※3Dイメージ画像での計測処理には対応しておりません。)

動画撮影

対象物の経時変化や動き・働きを動画にて録画することが可能です。撮影は28コマ/秒(800×600)もしくは15コマ(1,600×1,200)になります。

用途

基板のはんだ接合部におけるクラック・ボイドの断面観察

基板部品・銅線加締部の面積測定、ウィスカの長さ測定

凹凸部分の合成3D表示

設備紹介

  • キーエンス製

    VHX-6000

    ●倍率:×20~×2,000
    ●撮影素子:1/1.8型195万画素CMOSイメージセンサ
    ●総画素数:1,612(H)×1,212(V)
    ●有効画素数:1,600(H)×1,200(V)
    ●解像度:~200万画素、~1,600(H)×1,200(V)

    ●所有事業所:本社
    ●所有台数:1台

  • キーエンス製

    VHX-2000

    ●倍率:×20~×5,000
    ●撮影素子:1/1.8型211万画素CCD
    ●総画素数:1,688(H)×1,248(V)
    ●有効画素数:1,628(H)×1,236(V)
    ●解像度:~5,400万画素、~4,800(H)×3,600(V)
    ●所有事業所:豊田・神奈川
    ●所有台数:3台

  • キーエンス製

    VHX-1000

    ●倍率:×5~×3,000
    ●撮影素子:1/1.8型211万画素CCD
    ●総画素数:1,688(H)×1,248(V)
    ●有効画素数:1,628(H)×1,236(V)
    ●解像度:~5,400万画素、~4,800(H)×3,600(V)
    ●所有事業所:本社・豊田
    ●所有台数:3台

  • キーエンス製

    VHX-600/VHX-100

    ●所有台数:2台

Q&A

観察のための試料調整から作業をお願いできますか?
各種の切断・研磨・エッチング用の設備を所有しておりますので、断面研磨や金属組織観察のためのエッチングをはじめ、様々な材料の試料調整が可能です。
どれくらいの倍率での観察が可能ですか?
5倍~5,000倍での観察が可能です。それ以上の高倍率観察には、走査電子顕微鏡(SEM・FE-SEM)などの装置をご検討下さい。
寸法測定・計測はどのようなことが可能ですか?
2次元での各種寸法測定・面積計測に対応可能です。体積などの3次元的な測定・計測には対応しておりません。
面積計算はどんな形状でも測定できますか?
多角形モードと円モードにて外周をプロットしてラインをひき、その内側を面積範囲として認識・算出します。そのため画像として輪郭を明確に認識できれば、複雑形状であっても計測が可能です。
※多角形モードのプロット数は99点までになります。
合成した3Dイメージ画像を使って、任意断面の形状を確認することは可能ですか?
合成した3Dイメージ画像からは、断面形状の確認やその他の3次元的な測定・計測を行うことができません。
非破壊にて内部構造・形状の観察や測定を行う場合はX線透過装置・X線CT装置、試料表面の形状測定を行う場合は三次元測定機・形状測定機・光干渉式表面形状測定機をご利用下さい。
報告書・データはどのようなフォーマット・形式でもらえますか?
報告書はお客様指定のフォーマットでも弊社のフォーマットでも作成いたします。Excelでのデータの提出も可能です。 また写真データはJPEGやBMPなどの生データでの提出が可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP