Solution

パートナーシップ委託

貴社独自のテストラボ機能をJTL(または貴社)内に構築

計画・継続的な委託で、開発プロセスの高度化を支援します。

開発品の評価業務には莫大な設備投資とその維持管理、人材マネジメント、ノウハウの蓄積を必要としますが、これら全てをお客様で包括するには限界があります。これらの課題解決に向けて、JTLはお客様にとってベストなスタイルでの評価業務の水平分業化を実現させ、BPO体制の構築を共に考えていきます。

パートナーシップ委託の特長

  • 財務・経営体質の強化

    有効な外部含めた評価体制を構築することで、大型投資抑制と固定資産のオフバランス化が可能です。

  • コア業務への高度な集中

    貴社の優秀な人材を、コア業務に専念させることが可能です。

  • 評価業務の技能継承と発展性の確保

    評価業務に特化した第三者機関にて評価機能を構築することで、業務属人化の抑制、評価体制の強化が可能です。

  • 新規評価の垂直立ち上げ

    新製品や新材料の開発など、新領域での評価が必要な際は、JTLの人材や設備を有効活用することで垂直立ち上げが可能です。

パートナーシップ委託の流れ
  • 01

    業務の
    洗い出し

    評価業務の現状をヒアリングします。訪問・来社・オンライン、どのような手法でも構いません。お客様が抱える課題に関して、どんなことでも構いませんのでまずはお聞かせください。

  • 02

    業務の管理

    ヒアリング内容を踏まえ、貴社の評価業務の外部構築の可能性や、外部構築による費用対効果を分析します。JTLのベストな活用プランを設計のうえ、ご提案させていただきます。

  • 03

    体制構築

    お客様とその実現可能性について協議を重ね、最適なプランへのブラッシュアップを図ります。また、外部構築までの手順をフロー化し、運用体制構築まで徹底サポートします。

  • 04

    運営・
    業務改善

    構築後も常にPDCAサイクルを回して業務改善をしていくことで、お客様にとって手離れのよいテストラボを目指します。お客様がコア業務に集中できる環境を整えます。

パートナーシップ委託の
ご相談はこちらへ

評価業務にお困り事はございませんか?

JTLはお客様の頼れるパートナーとして、
シチュエーションに応じた迅速丁寧な対応を心がけております。
どんな些細なことでも構いませんので、
まずは下記のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら