はじめての方へ

初めてご利用される方にJTLの特徴をご案内致します。

こんなお悩みありませんか

評価技術に精通したスタッフによる安心サービスをお約束致します。

  • お客様の悩み1

    高まる外注費が
    予算を圧迫している

  • お客様の悩み2

    自社内リソースを
    有効活用できていない

  • お客様の悩み3

    新規開発品の
    評価選定が大変

信頼性評価業務において

お客様が抱える悩みをJTLが解決します

お客様の悩みを解決するJTLの多彩な強み

  • Cost

    低価格

    専門技術者からなる高い生産性で業務効率化を進め、コスト削減しています。

  • Quick

    短納期での対応力

    お客様のご希望納期に最大限お応えするため、フットワークのある生産体制で柔軟にご対応致します。

  • Service

    計測・試験・分析を繋げた
    一貫したサービス

    試験の実施から断面研磨などの前処理、寸法の測定まで一貫したサービスをご提供致します。

  • Heart

    お客様の立場にたった
    親身な対応

    スポット的なご活用から計測・試験・分析業務のアウトソーシングまで、短期・長期問わず親身にご対応致します。

お客様の悩みを解決するJTLの豊富な実績

  • 取引先

    3,300以上
  • 取引案件(年間)

    10,000以上
  • 技術者数

    経験豊富な
    130の専門スタッフ
  • 評価設備

    種類豊富に
    300以上保有

自動車、航空宇宙、ライフサイエンスまで幅広い分野の対応

評価技術のプロフェッショナルカンパニー

ご依頼の流れ

お問い合せ頂いてからサービス完了までの流れをご説明致します。



J
T
L

お問い合わせ

見積り依頼・ご相談・ご質問・資料請求等、まずは下記までお問合せ下さい。お問合せ受付担当がご対応致します。後ほど担当の営業より返答のお電話をさせていただきます。

お打合せ・お見積り提出

電話や電子メール、もしくはご訪問にて評価内容のヒアリング・打合せを行います。
内容にもとづいて、お見積り書と納期をご提示します。

ご検討・お取引き開始の準備

ご検討を頂くにあたり必要に応じた対応をさせて頂きます。

  • など

ご発注

ご注文時には注文書(ご注文の意思が確認できるもの)の発行をお願いします。

評価の実施

評価内容・条件、評価物の取扱い方法、最終納期等の確認後、評価物をお預かりします。評価作業を実施します。(途中、技術担当よりご確認・ご相談の連絡をさせて頂くことがございます)お客様立会いによる評価、評価に関わる付帯作業も対応可能ですのでご相談下さい。

ご報告

基本的には電子メールでの速報を行いまして、ご報告内容に問題がなければ正式な報告書を発行します。報告書のフォーマット、アウトプット項目、データ形式につきまして、ご希望がございましたらご指示下さい。評価の終了後、お預かりした評価物・資料等は全てご返却します。

お支払い

結果のご報告後、検収確認をいただき、請求書を発行します。
請求書に記載されております指定銀行口座へ、検収月の翌月末までに現金振込みをお願いします。
尚、お客様指定のお支払い条件や専用伝票がある場合はご相談下さい。

※初めてのお取引の際は評価作業前の先入金をお願いすることがあります。
 詳しくは営業担当からご連絡致します。

料金体系について

JTLの料金体系についてご紹介致します。

標準料金

標準料金は、評価サービス毎の基本料金と、下記の項目の合計となります。

  • 評価サービス費用

    作業工数から時間チャージで算出する場合と、箇所・個数等のサービス単体で算出する場合の2通りに分かれます。

  • 報告書作成費用

    評価サービスの内容、報告書の形式、発行部数等によって異なります。

追加オプション

別途、追加費用が発生する項目としましては、下記のような項目があります。

  • 治具・設備の設計・製作

    固定治具、検査治具、チャック治具等の治具の設計・製作、評価設備の改造・設計・製作。

  • 材料・消耗品の購入

    試験片や治具作製のための材料や、特殊な消耗品の購入。

  • 評価方法・条件の構想・設計

    評価方法・条件の構想・設計について、調査・提案のために要した時間。

  • 輸送費

    評価物が大きい・重い、または遠方で輸送コストが通常よりも多くかかる場合。

  • 時間外対応割増

    土日祝日・夜間の対応が必要となる場合。

  • 特急対応割増

    特急での短納期対応が必要となる場合。

  • 立会い追加費用

    評価作業を立会いで実施されたい場合。

  • 出張作業

    現場での出張評価作業が必要な場合。作業拘束費、設備・道具の持ち込み費用、移動拘束費、交通費、宿泊費等。

料金についての詳しいお問い合せはこちら!

  • 実際のところ
    いくら費用が
    かかるの?
  • 依頼したいけど
    予算内で
    できるか心配...
  • 概算費用が
    知りたいけど
    どうすれば...
  • オプションの
    料金って
    いくらだろう?

良心的な価格設定で、お客様のご予算や目的などを総合的に考えて評価プランをご提案します。
まずは、お気軽に下記からお問い合せ下さい!

お問合わせ

PAGE TOP