分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

化合物分析

劣化分析の受託サービス

FT-IRにより、高分子材料の劣化具合を評価します。

概要

プラスチックなど高分子材料は金属材料と異なり錆のような腐食が起こりづらい反面、熱や紫外線により劣化が起こります。プラスチックによく見られる黄変もその一例です。
劣化分析サービスでは、このような試料に対してFT-IRを用いて劣化具合の評価を行います。この結果は破損のみられた製品など不具合品に対し、原因特定の材料として利用することができます。

特徴

結合から構造の変化を推定

FT-IRは分子の振動による吸収がスペクトルに現れることから、測定した試料がどのような結合を持っているか、どのような構造になっているか推測することが可能です。

顕微FT-IRによるマッピング測定

顕微反射法または顕微ATR法を用いて表面のマッピング分析を行うことが出来ます。これにより、試料表面の劣化の進行度合いの違いを視覚的に評価することが可能です。

熱処理、薬品浸漬など試験を含んだサンプルの評価も可能

製品が劣化した環境の再現や、特定の条件で試験した後の製品についても、試験を含めて実施し評価いたします。

設備紹介

用途

樹脂の劣化分析

樹脂は加熱や、加熱と冷却の繰り返しにより構造が変化します。その中で最もよく観察される構造変化が酸化であり、熱や紫外線などが原因で酸化劣化が起こります。

不具合品の劣化分析

熱処理による樹脂の構造変化の確認分析

加熱処理したポリエチレンは、C=OやC-Oといった酸化による吸収が発生し、温度が上がるにつれてこれらの吸収が大きくなります。

報告書例

  • 報告書

  • 方法・条件・結果

PDFダウンロード

Q&A

サンプルサイズに制限はありますか?
0.1mm以上のサンプルであれば分析可能です。0.1mm未満の場合はご相談ください。
サンプルはどのように送付すれば良いでしょうか?
汚れの影響を防ぐため、密閉できる袋に入れてお送りください。小さなサンプルの場合はアルミホイルやラップで包んで密閉できる袋に入れてお送りいただくか、または、シャーレやフィルムケースなどのケースに入れてお送りください。
データはどのような形式で頂けますか?
弊社のフォーマットで報告書を作成いたします。また、測定結果のスペクトルも添付いたします。ご希望があれば、スペクトルをcsvなど別の形式で提出することも可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP