分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

組成分析

同定解析の受託サービス

FT-IRおよびGC-MSによる有機物の同定解析を実施します。

概要

同定解析サービスでは、FT-IRおよびGC-MSを利用して化合物の同定を行います。
FT-IRではフーリエ変換赤外分光法により得られた化合物分子の赤外吸収スペクトル、GC-MSでは電子イオン化法より得られたフラグメントのマススペクトルをもとに解析を行います。
同定解析結果は、異物・付着物や製品の材質、成分の特定に利用することが可能です。

特徴

FT-IRで高分子化合物・GC-MSで揮発性有機化合物を分析

GC-MSは高い定性能力を持ちますが、一方で、沸点の高い高分子化合物を検出することが出来ません。定性が困難となります。
しかし、FT-IRを用いると高分子化合物を定性することが出来るため、各装置の特性を生かして幅広い成分に対して定性を行います。

顕微FT-IRで微小サンプルの測定が可能

顕微FT-IRを使用することで、1mm以下の小さなサンプルも高感度に測定することが可能です。測定範囲は最小10μm程度となります。

SEM-EDXとの併用

FT-IRやGC-MSは有機化合物を対象とした分析であり、無機物の情報が得られません。
しかしSEM-EDX等の元素分析結果と併せて解析を行うことで、より信頼性の高い評価が可能となります。

設備紹介

用途

異物の同定解析

繊維状の異物を採取し、ユニバーサルATR法でスペクトルを取得しました。得られたスペクトルはライブラリ検索結果よりタンパク質と一致し、外観から毛髪であると推察しました。

油の成分分析

ゴムの材質特定

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件・結果

PDFダウンロード

Q&A

サンプル量はどのくらい必要ですか?
固体で10g、液体で10mL程度ご支給ください。ただし、サンプル量が僅かであっても対応できる場合もございますので、ご相談ください。
FT-IRによる分析の場合、0.1mm以上あれば測定可能です。0.1mm未満の場合は事前にご連絡ください。
異物はどのように送付すれば良いでしょうか?
アルミホイルやラップで包んで密閉できる袋に入れてお送りいただくか、または、シャーレやフィルムケースなどのケースに入れてお送りください。
テープで異物を採取・固定することは、粘着剤が分析に影響してしまいますのでご遠慮ください。
同定された化合物の具体的な用途も教えて頂けますか?
可能です。一般的に多い用途や外観から想像される用途など一例を報告書に記載いたします。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP