分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

ガス分析

無機ガス分析の受託サービス

GC-TCD、GC-BIDによって無機ガスの測定を実施します。

概要

無機ガス分析サービスでは、各種無機ガス(一部有機ガスを含む)を測定いたします。窒素・酸素・ヘリウムをGC-TCD、水素・一酸化炭素・二酸化炭素・メタン・エタン・プロパン・エチレンをGC-BIDで分析いたします。各種試験と組み合わせた測定も行っております。

特徴

無機ガスを高感度に測定

発生ガスが微量である場合、バリア放電イオン化検出器を持つGC-BIDを用いることでGC-TCDと比較して約100倍高感度に測定することが可能です。

グローブボックスを用いて窒素および酸素を低濃度まで測定

窒素および酸素は大気中に多量に含まれるため、通常の処理では低濃度まで測定することが困難です。しかしアルゴン雰囲気のグローブボックス内で処理を行うことで空気の影響を減らし、一桁%レベルの測定が可能となります。

充放電試験・恒温試験・環境試験といった試験と組み合わせた測定

様々な試験と組み合わせての測定も実施します。試験後の測定により、構成する材料の劣化状況を把握することが可能です。

設備紹介

用途

リチウムイオン電池の発生ガス分析

工場内環境のガス分析

製品から発生する水素ガス分析

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件・結果

PDFダウンロード

Q&A

定量下限はどの程度になりますか?
前処理によって定量下限は異なりますが、測定濃度で酸素と窒素が0.5%、その他の項目が10μL/L(ppm)となります。
どのようにガスを捕集したら良いでしょうか?
ガス捕集用のサンプリングバッグで捕集を行ってください。捕集用のバッグは弊社からご提供することも可能ですので、お申し付けください。
データはどのような形式で頂けますか?
弊社のフォーマットで報告書を作成いたします。ご希望があればクロマトグラムの提出も可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP