分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

表面分析

マッピング分析の受託サービス

カラーマッピングにより、元素の分布を確認します。

概要

マッピング分析とは元素や成分の分布状態を視覚的に確認する分析手法です。
当社では、電子線(EDX,WDX)と、赤外顕微鏡(FT-IR)を用いたマッピング分析に対応しております。
元素マッピングにより、対象の元素がどこに・どの程度存在しているのかを把握することができます。
表面観察・定量分析等のサービスと併せて利用することにより、より分析対象の状態への理解に繋がります。

特徴

視覚的に元素分布の確認が可能

元素分布が視覚的に確認できることにより、様々な情報を得ることができます。
複数の部品から成り立っている製品であれば、「どの部品が、どのような材質で、どのように組み合わさっているか」を把握することが可能です。
異物であれば、その構成元素を知ることができます。また、異物と母材の境界の元素分布を把握することで、対象の異物が付着しているのか、結合しているのかといった情報を得ることも可能です。
その他、外観上では判別しづらいシミ状の異常部位も、マッピングにより分かりやすく色分けすることができます。

分析方法を選択可能

電子線を用いた元素分析の方法として、EDX,WDXがございます。
EDXは分析速度が早く、サンプル形状の自由度が高い利点があり、WDXは分解能や微量元素の検出精度に優れています。弊社ではご依頼内容に適した手法を提案致します。

有機物のマッピング分析に対応

無機物のみでなく、有機物のマッピング分析にも対応しております。
有機物に対しては、「FT-IR(フーリエ変換赤外分光光度計)」を使用します。
EDX,WDXと組み合わせることによって、無機物と有機物の両方を含むサンプルにも対応致します。

設備紹介

用途

製品の構成材質と分布の確認

マッピングにより、写真だけでは分からない構成部品の材質と、その分布を把握することができます。

異常部位の成分分析

異物・付着物・シミといった異常部位の組成と元素分布を明らかにします。

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件

  • 結果

  • その他

PDFダウンロード

Q&A

一度にマッピング分析が出来る範囲はどのくらいですか?
汎用SEM、FE-SEMは2.5mm角、FE-EPMAは100mm角までマッピングが可能です。FT-IRは3~4cm角までならマッピングが可能です。
マッピングはどれぐらいの高倍率まで可能ですか?
汎用SEMは10,000倍程度、FE-SEMでは50,000倍程度、FE-EPMAは30,000倍程度ならマッピング可能です。FT-IRは400倍になります。
マッピングするときは元素を指定した方がいいでしょうか?
汎用SEMとFE-SEMはマッピングの元素を指定して頂く必要はありませんが、FE-EPMAでマッピングする場合はあらかじめ元素を指定して頂く必要があります。また、元素の種類や数によって金額が変わりますので、一度ご相談ください。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP