分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

表面観察

光学顕微鏡観察の受託サービス

金属顕微鏡・CCDなどの光学顕微鏡による形態観察を実施します。

概要

光学顕微鏡サービスでは、実体顕微鏡や金属顕微鏡、マイクロスコープ(CCD)のような光学式の顕微鏡を用いて試料の形態観察を実施致します。光学顕微鏡は凹凸・色合い・コントラストをよりリアルに表現できるため、試料の表面状態を観察評価するのに有用と言えます。
種類によって機能は異なりますが、表面・断面・界面・欠陥部分の形態観察や組織観察、2次元的な寸法測定や面積計算、動画撮影などを行うことが可能です。
観察データのご提供だけでなく、各種の評価試験から試料の前処理(カット・研磨・エッチング等)、表面分析に至るまで、観察に関わる一連の調査作業を実施しております。

特徴

観察目的に応じた設備をご提案

光学顕微鏡には様々な種類がありますが、試料の材質・形状、観察の目的、アウトプットの方法などにより、適切な設備の選択は変わってきます。評価内容をヒアリングさせていただき、より適切な設備をご提案いたします。

×5~×5,000での幅広い拡大観察

マイクロスコープで×5~×5,000、金属顕微鏡で×50~×1,000、実体顕微鏡で×4~×300での観察が可能です。

2次元計測・合成3D表示・動画撮影

マイクロスコープと金属顕微鏡では簡易的な2次元測定・計測を行うことが可能です。またマイクロスコープでは合成した3D画像での表示、動画の撮影を行うことも可能です。

設備紹介

用途

溶接部溶け込み状態・金属組織(結晶粒)の観察【金属顕微鏡】

はんだ接合部のボイド・クラックの観察【金属顕微鏡・マイクロスコープ】

ウィスカの観察/基板部品表面の面積計測【マイクロスコープ】

基板部品・凹み部の合成3D表示【マイクロスコープ】

報告書例

  • 表紙

  • 観察方法・条件

  • 観察結果

PDFダウンロード

Q&A

どれくらいの倍率での観察が可能ですか?
マイクロスコープ(CCD)で×5~×5,000、金属顕微鏡で×50~×1,000、実態顕微鏡で×4~×300での観察が可能です。
観察条件(観察箇所・構図・倍率)の指定は必要でしょうか?
基本はご指示いただいた条件にて観察を行いますが、条件が決定できない場合は任意で撮影を行いまして、再度、観察箇所や倍率などのご相談をさせていただきます。
顕微鏡での計測は何ができますか?
2次元での簡易的な寸法測定・面積計算は対応可能です。3次元での寸法測定や体積計算には対応しておりません。
試料の調整(前処理・断面研磨等)から作業を依頼することは可能ですか?
切断・研磨・エッチングなどの設備を所有しておりますので、観察目的にあった各種材料の試料調整が可能です。試料調整のみのご依頼も請け賜っております。
データはどのような形式でいただけますか?
ご指定のフォーマットもしくは弊社のフォーマットにて報告書を作成致します。ご希望があればエクセルでのデータの提出も可能です。
また写真の元データもJPEG・BMPの形式で提出可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP