分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

化合物分析

残留油分測定の受託サービス

重量法・FT-IR法・GC-MS法を用いて残留油分測定を実施します。

概要

製造現場で使用される様々な油に対し、不具合対策や品質管理として残留油分測定が利用されます。
残留油分測定サービスでは、重量法・FT-IR法・GC-MS法のいずれかを用いて残留油分を測定します。
試料の形状・材質や目的に応じて、これらの方法のいずれかをご提案いたします。

特徴

重量法で簡便に分析

製品に付着している油を溶媒で除去し、洗浄前後の重量差から残留油分量を求めます。最も簡便に測定できる方法です。

重量法またはFT-IR法で比較油のご提供なく分析可能

GC-MS法の場合は比較対象となる油のご提供が必要となりますが、重量法またはFT-IR法では比較油のご提供は必ずしも必要ではありません。FT-IR法ではOCB混合標準を用いて、付着している油の合量を求められます。

GC-MSで油種を区別して分析

重量法やFT-IRでは油種を区別することは困難です。そこで、GC-MSを用いて油中の各成分を分離し、油種を区別して定性または定量いたします。これにより更に詳細な分析結果が得られます。

設備紹介

用途

洗浄後の製品の残留油分測定

洗浄液中の油分測定

ワークの残留油分測定

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件・結果

  • 添付資料

PDFダウンロード

Q&A

試料サイズや材質に制限はありますか?
基本的には制限はございませんが、大型や極小の試料の場合、試料サイズにより定量下限が大きく変化することが考えられます。また、FT-IR法を用いる場合は樹脂やゴムの付着油の分析は出来ないため、他の方法をご提案いたします。
サンプルはどのようにして送付すれば良いですか?
油の揮発を防ぐため、アルミホイルに包んでから密閉できる袋に入れてお送りください。
データはどのような形式で頂けますか?
弊社のフォーマットで報告書を作成いたします。また、定性分析の場合はクロマトグラムやスペクトルも添付いたします。ご希望があれば、クロマトグラムやスペクトルをcsvなど別の形式で提出することも可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP