分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

残留応力測定

X線残留オーステナイト定量測定の受託サービス

X線回折の原理を利用して残留オーステナイトの定量を行います。

概要

残留オーステナイト定量サービスでは、X線回折の原理を利用して鋼材の表層部の残留オーステナイトの定量を行います。
鋼材の焼入れ時、フェライトからマルテンサイトなどへの変態は常温までの冷却では完了せず、焼入れ組織と未変態のオーステナイトが残留した混合組織となります。
残留オーステナイトは硬度の低下や経年変寸を引き起こすことがあるため、量を把握・コントロールすることが重要と言えます。

設備紹介

用途

鋼材の焼入れ後の残留オーステナイト量の管理

サブゼロ処理後の残留オーステナイト量の管理

報告書例

  • マッピング測定

  • 測定結果

  • 応力解析結果

  • 半価幅形状の確認

PDFダウンロード

Q&A

測定範囲はどれ位ですか?
最小でφ150μm、最大でφ4mmとなり、中間は4段階で切換え可能です。
X線の浸入深さはどれ位ですか?
材料の密度・X線の入射角にもよりますが、おおよそ数μm~数10μmになります。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP