計測サービス

製品の精密寸法測定に関わるあらゆるニーズに
受託専門ならではの幅広い知識・設備力で対応します。

精密寸法測定

三次元CAD照合の受託サービス

測定物の立体形状を三次元設計モデルと照合して視覚的に評価します。

概要

図面寸法では評価できない自由曲面等の立体形状について、3D-CADデータとの照合評価(アラインメント、形状・寸法比較、断面比較)を行います。
三次元測定機や光学式3Dデジタイザから取得した点群データと、製品の3D-CADデータとを照合評価し、各種フォーマットにて結果をアウトプット致します。
測定値だけでは困難な製品の自由曲面評価、部品の立体形状評価などをグラフィカルに確認することが可能です。

特徴

位置ズレを補正

座標系、基準要素の誤差等による位相ズレを補正するベストフィットに対応しており、平行移動・回転補正に対して制限を設けることも可能です。

目的に応じた結果表示

実際に測定しながらのリアルタイムでの結果表示(※オンライン)や、CNCプログラム測定等で得られた点群データの結果表示(※オフライン)等、目的に応じた結果表示にご対応致します。

多彩な表示方法

アウトプットにも多彩な表示方法があり、CADデータ上での誤差表示はもちろん、断面形状での寸法評価・誤差量表示等にもご対応可能です。

各種3D照合ソフトに対応

●Polyworks:InnovMetric製
●HOLOS:カールツァイス製
●Geomagic Qualify:Geomagic製
●CAT1000S:ミツトヨ製
●GOM Inspect:GOM製

設備紹介

用途

製品平面部の測定結果とCADデータとの形状比較(HOLOS:カラーマップ)

金型の測定結果とCADデータとの比較(Polyworks:カラー表示・誤差量表示)

プレートの歪み調査(Polyworks:カラー表示・誤差量表示)

測定点群データとCADデータの照合評価 (色分け表現のみ)

測定点群データとCADデータの照合評価 (誤差量も含めた出力)

プロファイル測定(※3D形状測定機)

面データを用いて、高さ・幅・角度・Rを自由に測ることができます。

報告書例

  • 検査表

  • 測定詳細

  • 比較評価

PDFダウンロード

Q&A

依頼する際に用意するものは?
三次元CADモデルと測定品が必要になります。
測定品の代わりに、お客様にてご用意された点群データによる評価もご対応致します。
CADの形式に指定はありますか?
IGES、SAT形式でご準備下さい。その他形式の場合はダイレクトインターフェースが必要となりますので、事前にご相談下さい。
CADモデルの容量はどのくらいまで可能でしょうか?
CAT1000Sでは100MB、HOLOSでは200MB、Polyworksでは500MBまでが目安です。それ以上の容量の場合は画像処理に時間がかかりますので、事前にご相談下さい。
CADモデル原点が製品基準と違う場合は?
製品にて基準を設定後、CADモデル原点と一致させるように座標系の移動・回転を行います。それが困難な場合にはベストフィットによる照合となります。
ベストフィットとは?
形状の出来栄えのみを評価する場合、つまり位置ズレを考慮せずに形状評価を行う場合に、平行移動や回転移動を行い、設計値に対して位置ズレ誤差を最小にする処理です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP