計測サービス

製品の精密寸法測定に関わるあらゆるニーズに
受託専門ならではの幅広い知識・設備力で対応します。

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリングの受託サービス

3Dスキャンデータから3DCADモデルを構築します。

概要

3DスキャナやX線CT装置で取得したメッシュデータを参照し、3DCADモデルを作成します。
消耗した金型の複製や既存製品のベンチマーク、クレイモデラーや職人さんが手作業で製作したモデルのデータ化に有効です。
JTLでは高精度3Dスキャナ、ハンディスキャナ、X線CTなど豊富な設備を有しておりスキャンからリバースまでワンストップでの対応が可能です。

特徴

用途に合わせたモデリング手法

作成したCADモデルをその後どのように使用したいかによってデータの作成方法を選定します。干渉チェックや計測を行うためCADデータになっていれば良いといった場合は自動サーフェス。設計変更が入る場合や金型製作、CAEなどに使う場合には面構築で対応します。

形状に合わせた最適なモデリングフロー

一つの製品データをモデリング際に面の形状に合わせて最適なソフトウェアを使い分けることで効率的かつ品質の高いサーフェスモデルを構築します。

用途

図面の残っていない製品や金型の複製

過去の製品や手加工を加えて最終データの残っていない金型などをリバースすることによって再製作することが可能となります。

既製品のベンチマーク・CAE解析

競合製品の形状や性能評価を行うためにリバースエンジニアリングを行います。
リバースしたCADデータからCAE解析を行うことによって様々な評価が可能です。

勘合部品のCADモデル化

既存製品に勘合するオプションパーツなどを設計する際に、既存製品の必要箇所をリバースすることにより、適切なクリアランスを保ったパーツ設計を行うことができます。

報告書例

  • 表紙

  • 結果

  • 偏差レポート

PDFダウンロード

Q&A

納品データ形式はどういったものになりますか?
iges、step、parasolidといった中間データ形式となります。
ソリなどの変形を修正したモデリングは可能ですか?
面構築で対応することが可能です。その際は最終的にどういったデータにしていきたいかのすり合わせを事前に行います。
リバースした後で設計変更を加えることは可能ですか?
普段お使いの3DCADで変更をかけることは可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

PAGE TOP