試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

試験サービス

環境試験機による受託サービス

各種環境試験機により、温湿度・光・塩害など自然環境でのストレス再現試験にご対応します。

気象的環境試験機を用いて、高温・低温・湿度・塩水・光などの気象的な環境因子を試験槽内に人工的に作り出し、材料・部品・製品の耐久性や信頼性を評価する環境試験を受託にて実施しております。
試験において必要となる治具の作製や、試験前後に必要となる各種評価(観察・分析・寸法測定等)のご対応も可能です。また、JISなど各種の規格に基づいた試験はもちろんのこと、規格にはない特殊な試験のプランニングも実施しております。

液槽式冷熱衝撃試験器

本設備では、各種材料・製品を高温および低温の液媒体に交互に浸漬させるヒートショック(冷熱衝撃試験)に対応致します。繰り返し温度変化を与えることで試験品の耐久性を評価します。
気槽式に比べ、サンプルへの急峻な温度変化を与えられることが特徴です。試験器槽内の試料カゴサイズはW220×D310×H220、試験温度範囲は-65℃~200℃で対応可能です。

もっと詳しく

気槽式冷熱衝撃試験器

本設備では、各種材料・製品を高温および低温の気槽空間内に放置し、繰り返し温度変化を短時間に与えることにより、試験品の信頼性・耐久性を評価・調査するヒートショック試験(冷熱衝撃試験)にご対応致します。
試験器槽内サイズは最大でW700×H500×D600mm(200L)、試験温度範囲は-70℃~200℃でご対応可能です。大型の試験品、多数個の評価にご利用いただけます。

もっと詳しく

恒温恒湿試験器

本設備では、試験対象に一定温度(高温・低温)を負荷する事で温度環境下における信頼性・耐久性の評価を実施します。温度だけでなく湿度の調整も行うことができますので、様々な温度・湿度環境下での環境試験へのご対応が可能です。
・恒温恒湿試験
・温湿度サイクル試験
・ヒートサイクル試験
・高温放置試験
・低温放置試験  など
試験を行いながらの製品温度測定や電流・電圧・抵抗のモニタリング、試験前後の写真撮影や寸法測定など、恒温恒湿試験器に関わる評価を一手に実施致します。

もっと詳しく

ガス腐食試験機

本設備では、試験対象の腐食性ガス耐久性を評価します。
硫化水素(H₂S)、二酸化硫黄(SO₂)、二酸化窒素(NO₂)、塩素(Cl₂)の単一ガス及び混合ガスによる腐食試験を実施いたします。腐食性ガスの濃度制御に併せ、温湿度コントロール(25℃、65%~55℃、98%)が可能です。JIS H8502、JIS H 8620、JIS C60068-2-42、JIS C60068-2-43、JIS C60068-2-60 等、各種条件での試験が可能です。

もっと詳しく

キセノンウェザーメーター

本設備では、キセノンタイプによる促進耐候性試験を実施致します。太陽光曝露の環境を人工的に作ることで、自然環境よりさらに劣化を促進する耐候性試験が可能です。
耐候性とは自然環境のうち主として日光・雨雪・温度・湿度・オゾンによる劣化に対する抵抗性のことであり、これを評価するためには屋外暴露試験もしくは人工光源を用いた促進耐候性試験を行う必要があります。
JTLで使用するキセノンウェザーメーターは促進耐候性試験機の一種で、太陽光の紫外部・可視部の分光放射照度分布に極めて近似した光源(キセノンランプ)になります。
塗料(JIS K 5600-7-7)・建材(JIS A 1415)・プラスチック(JIS K 7350-2)・メッキ・印刷物・繊維などの耐候性試験が可能で、JIS・ISO・JASOなど様々な規格に対応しております。

もっと詳しく

塩水噴霧試験機

本設備では、腐食液(塩化ナトリウム水溶液)を連続的に噴霧した雰囲気に試験片をさらして行う塩水噴霧試験(SST)を実施致します。
塩水噴霧試験は大気腐食を対象にした腐食試験法の一つで、長時間を費やして生じる腐食挙動を、短い時間に圧縮して評価することが可能です。
試験対象は金属材料またはメッキや塗膜等の表面処理品で、腐食・錆・変色・剥離・膨れ等の発生を調査します。

もっと詳しく

複合サイクル試験機

本設備では、金属や表面処理等の耐食性を評価する塩水複合サイクル試験にご対応致します。大気腐食を促進したシミュレーションが実施可能です。
塩水噴霧、高湿潤、低湿潤、乾燥などの腐食サイクルを自由に組み合わせることで様々な腐食促進試験にご対応可能です。
試験対象は金属材料またはメッキや塗膜等の表面処理品で、腐食・錆・変色・剥離・膨れ等の発生を調査します。

もっと詳しく

お問合わせ

PAGE TOP