試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

試験サービス

材料試験機による受託サービス

各種材料の機械的性質を評価する材料試験機による各種試験を実施します。

材料試験機とは、工業的に使用される各種材料の機械的特性・性質を調べるための各種試験機です。
調査目的に応じて、物理的、化学的、金属学的、機械的な材料特性についての評価試験を実施致します。
試験そのものだけでなく、試験片作製・治具作製・試験前後の各種評価(観察・分析・計測など等)のご対応も可能です。
また、JISなどの規格に準拠した試験はもちろんのこと、規格にはない特殊な試験の条件・設備のプランニングも実施しております。

引張圧縮試験機

本設備では、「機械的性質」の一つである「強度」について、金属・プラスチック・セラミックなどの材料やダイカスト品・樹脂成型品などの製品・部品の評価を実施致します。
「機械的性質」とは、引張りや圧縮、せん断などの外力に対する耐久性などを決定する材料固有の性質の総称であり、材料の加工の容易さ、加工後の製品の耐久性などを評価するための重要な指標です。
規格に準拠した試験のご対応はもちろん、規格外の試験方法・試験片形状であっても、その内容に応じた治具作製や試験片加工を行うことにより柔軟なご対応が可能です。

もっと詳しく

硬さ試験機

本設備では、材料物性評価の一つである硬さ試験を受託にて実施致します。ビッカース硬さやデュロメータ硬さを中心に様々な硬さ評価に対応しており、試料・試験目的に合った評価データをご提供致します。
硬さ試験は試料の材質や構造によって評価方法が異なるため、試験機器・試料調整・測定条件を適切に選定することが重要になります。

もっと詳しく

疲労試験機

本設備を用いて、テストピースから大型の構造物(実部品)まで、幅広い領域の各種製品・試料の耐久性評価を承っております。
「疲労耐久性評価システム」の特長は、可搬型の加振機と大型鋳鉄製T溝付定盤を使用する事で、
大きな試験サンプルや実体・実部品・構造体に対しても自在に疲労試験を行えます。
「フレーム型疲労試験機」の特長は、高荷重・高周波で試験を実施でき、恒温槽が付いた設備では高温/低温環境下での試験が可能です。
また、各装置とも1台ずつパーテーションで区切れるにように環境を整備していますので、安心してお立会い頂く事が可能です。

特設ぺージへ

接合強度試験機

本設備では、半導体部品・電子部品などの組立・実装工程に必要な接合強度試験(シェア試験・プル試験)を実施致します。各種部品の接合信頼性の評価によく利用される試験です。
各種のロードセルを取り揃えており、オリジナル治具の設計・製作も自社で行っておりますので、材質・形状に左右されない柔軟なご対応が可能です。また、電子部品以外にも様々な製品や材料について、そのままの状態で接合強度評価を行うことも可能です。

もっと詳しく

摩擦摩耗試験機

本設備では、塗装・メッキ・摺動部に使用される製品などの摩擦係数や耐摩耗性を評価する摩擦摩耗試験を実施します。
試験方法は、先端がボール状のプローブを試験対象(ディスク)に接触させ荷重を付加するボールオンディスク法を用います。2種材料表面が擦れ合った際の振幅を計測し、摩擦係数を測定します。
試験後のサンプルより摩耗深さや摩耗量を測定することも可能です。基本的にはボールとディスクの試験となりますが、ご要望に応じてボールではない形状でも可能な限りご対応させていただきます。

もっと詳しく

お問合わせ

PAGE TOP