試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

材料試験機

引張圧縮試験機による受託サービス

引張圧縮試験機を用いて各種材料・製品の強度を評価します。

概要

本設備では、「機械的性質」の一つである「強度」について、金属・プラスチック・セラミックなどの材料やダイカスト品・樹脂成型品などの製品・部品の評価を実施致します。
「機械的性質」とは、引張りや圧縮、せん断などの外力に対する耐久性などを決定する材料固有の性質の総称であり、材料の加工の容易さ、加工後の製品の耐久性などを評価するための重要な指標です。
規格に準拠した試験のご対応はもちろん、規格外の試験方法・試験片形状であっても、その内容に応じた治具作製や試験片加工を行うことにより柔軟なご対応が可能です。

特徴

低荷重から高荷重まで幅広い試験力に対応

最大荷重は300kN(約30t)まで、ロードセルは1kN~300kN(値は1/1000)を取り揃えておりますので、低荷重の試料から高荷重の試料まで幅広い試験を行うことが可能です。

幅広い温度領域をカバー

恒温槽と大気炉を組み合わせることで、常温のみならず低温から高温まで(-150℃~1100℃)の温度環境下での引張試験のご対応が可能です。
●高温用大気炉
300℃~1100℃
●高温・低温用恒温槽
-150℃~320℃

規格外試験への柔軟な対応

試験片の形状・サイズや試験の方法・条件が規格外であっても、治具の設計・製作や試験片の加工などにより、試験実施に向けた柔軟なご対応をさせていただきます。製品に歪ゲージを貼り(最大50chまで)、引張及び圧縮試験を行う製品評価も可能です。

多種多様な材質・形状の試験片にご対応

材質は金属・プラスチック・ゴム・セラミック・FRP・CFRPなど、形状は板・丸棒・フィルム・線など、多種多様な試験片にて引張試験を行うことが可能です。

様々な機械特性の項目をアウトプット

伸びの測定は機械ストロークの他に歪みゲージとビデオ伸び計を併用することが可能ですので、引張り強さ・降伏点・耐力・破断伸び・ヤング率・ポアソン比など様々な機械特性の項目をアウトプットすることが可能です。

用途

規格に準拠した引張試験の実施

下記のようなJIS規格やその他の規格に準拠した引張試験を実施いたします。(※一部、内容によってはご対応できない場合もございます。)

<JIS規格 例>
JIS Z 2241(金属材料引張試験方法)
JIS Z 2201(金属材料引張試験片)※旧規格
JIS Z 2248(金属材料曲げ試験方法)
JIS K 6251(加硫ゴム及び熱可塑性ゴム 引張試験方法)
JIS K 7161(プラスチック 引張特性の試験方法 第1部:通則)
JIS K 7171(プラスチック 曲げ特性の求め方)
JIS K 7139(プラスチック 試験片)
JIS K 7181(プラスチック 圧縮特性の試験方法)
JIS K 7054(ガラス繊維強化プラスチックの引張試験方法)※旧規格
JIS K 7055(ガラス繊維強化プラスチックの曲げ試験方法)※旧規格
JIS K 7056(ガラス繊維強化プラスチックの圧縮試験方法)※旧規格
JIS R 1608(ファインセラミックスの圧縮強さ試験方法)
JIS R 1601(ファインセラミックスの曲げ強さ試験方法)
JIS R 1602(ファインセラミックスの弾性率試験方法)

<試験片 例>
13B号ダンベル試験片

製品・部品状態での引張試験の実施

製品・部品形状そのままでの試験、もしくは一部を切り出しての試験など、規格外の試験も実施いたします。

<試験事例>
・リード線と端子の加締め部の引き抜き試験
・樹脂の溶着部の剥離強度試験
・布の裁製部の引き裂き強度試験
・アルミダイカスト品から切り出した試験片の引張強度試験
・樹脂成型品から切り出した試験片の引張強度試験

設備紹介

  • 島津製作所製

    オートグラフAG-300kNX

    ●クロスヘッド速度範囲:0.0005~500mm/min
    ●クロスヘッド~テーブル間隔:1,680mm
    ●有効試験幅:595mm
    ●伸び計:最大φ20 最大W25mm×t16mm
     測定範囲 5、2.5、1、0.5mm

    ●所有事業所:神奈川
    ●所有台数:1台

  • 島津製作所製

    オートグラフAG-100kNX

    ●クロスヘッド速度範囲:0.0005~1,000mm/min
    ●クロスヘッド~テーブル間隔:1,480mm
    ●有効試験幅:595mm
    ●伸び計:最大 φ20 最大 W25mm×t16mm
      測定範囲 5、2.5、1、0.5mm

    高温大気炉
    【名古屋事業所】
    ●温度範囲:300~1,100℃
    ●槽内サイズ:φ75mm×L400mm
    【神奈川事業所】
    ●温度範囲:300~1,100℃
    ●槽内サイズ:φ75mm×L300mm

    環境槽
    【名古屋事業所】
    ●温度範囲:-150~320℃(-は液体窒素使用)
    ●槽内サイズ:W382×H725×D382mm
    【神奈川事業所】
    ●温度範囲:-60~300℃
    ●槽内サイズ:W300×H720×D300mm

    ●所有事業所:名古屋・神奈川
    ●所有台数:2台

  • 島津製作所製

    ビデオ式非接触伸び幅計

    【神奈川事業所】
    ●型式:TRviewX800D
    ●測定範囲:800mmまで

    【名古屋事業所】
    ●型式:TRviewX500D
    ●測定範囲:500mmまで

    ロードセルキット
    300kN:JIS1級 1/1,000
    100kN:JIS1級 1/1,000
    20kN:JIS1級 1/1,000
    10kN:JIS1級 1/1,000
    1kN JIS1級 1/1,000
    100N:JIS1級 1/1,000
    10N:JIS1級 1/1,000

  • インストロン製

    5582型万能材料試験機

    ●クロスヘッド速度範囲:0.001~500mm/min
    ●クロスヘッド~テーブル間隔:1,300mm
    ●有効試験幅:575mm
    ●伸び計:最大φ20 最大 W25mm×t15mm
     測定範囲 25~-2.5mm

    高温大気炉
    ●温度範囲:~1,000℃
    ●槽内サイズ:φ90mm×L303mm

    環境槽
    ●温度範囲:-150~600℃(-は液体窒素使用)
    ●槽内サイズ:W400×H560×D400mm

    ●所有事業所:名古屋
    ●所有台数:1台

  • インストロン製

    ビデオ式非接触伸び幅計

    ●所有事業所:名古屋
    ●型式:AVE
    ●測定範囲:500mmまで

    ロードセルキット
    100kN:ASTM E4-13 1/400
    10kN:ASTM E4-13 1/400
    1kN:ASTM E4-13 1/400
    100N:ASTM E4-13 1/400

  • 島津製作所製

    オートグラフAG-10kNX plus

    ●クロスヘッド速度範囲:0.0005~1,500mm/min
    ●クロスヘッド~テーブル間隔:1,810mm
    ●有効試験幅:420mm

    ●所有事業所:本社
    ●所有台数:1台

Q&A

試験片の作製からお願いできますか?
ご対応可能です。材料もしくは製品・部品をご支給いただければ、成型・加工により試験片を作製いたします。
恒温槽の大きさ・温度範囲はどのくらいですか?
【島津製作所製】幅382mm×奥行382mm×高さ725mm / -150℃~320℃
【インストロン社製】幅400mm×奥行400mm×高さ560mm / -150℃~600℃
(※低温側の冷却には液体窒素を使用します。)
大気炉の大きさ・温度範囲はどのくらいですか?
島津製作所製】内径φ75mm×長さ400mm / 300℃~1100℃
【インストロン社製】内径φ90mm×長さ303mm / ~1000℃
全伸びの測定は可能ですか?
ビデオ式非接触伸び幅計で測定可能です。最大800mmの伸びまで測定できます。
どのような機械特性の項目のアウトプットが可能ですか?
アウトプット可能な項目は、引張り強さ・降伏点・耐力・ヤング率・ポアソン比・破断伸び・応力-歪み線図(S-S線図)等です。
その他、ご対応可能な項目もありますので、まずはお問い合わせ下さい。
試験データをエクセル等の生データでいただけますか?
ご対応可能です。その他、データの提出方法につきまして、ご要望がございましたらお伝え下さい。
連続稼働時間はどれくらいですか?
【島津製作所製】約10時間
【インストロン社製】約24時間
になります。
利用可能なチャックのサイズを教えてください。
【板形状】~21mm(チャック部の幅40mm×長さ50mm)
【丸棒形状】φ1mm~φ26mm(チャック部の長さ最大50mm)
伸び計について詳しく教えてください。
【ビデオ伸び計】非接触で2点間のマーキングを追いかけ、破断するまでの伸びを記録します。
【歪ゲージ】接触式(接着剤で貼付け)で、微細な歪みを正確に記録することができます。(歪み5%程度まで)
どちらの方法でもヤング率・ポアソン比の測定は可能です。
ただし、600℃を越える環境下での伸びの測定は接触式の伸び計を使用します。
低温試験において低温に達するまでの時間はどれくらいかかりますか?
-50℃に達するまでに30分程度かかります。
高温試験において高温に達するまでの時間はどれくらいかかりますか?
1000℃になるまでに2時間程度かかります。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP