試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

材料試験

曲げ試験の受託サービス

3点曲げ試験により、材料の曲げに対する加工性を調査致します。

概要

本サービスでは、試験片の両端を支えて中央に荷重を加える曲げ試験(抗折試験)により、材料の曲げに関する「機械的性質」(強度・変形具合)を評価する試験です。主に材料の加工性の調査に利用されます。
JTLでは引張圧縮試験機を用いて下記パラメーターの評価を行います。
・最大荷重
・最大応力
・ヤング率 など

特徴

欲しいデータを的確に

基本のデータ出力形式のみならず、お客様のご要望に応じた形でデータをご提出致します。

設備紹介

用途

材料の曲げに対する強度調査

以下のパラメーターについて強度調査が可能です。
・最大荷重(N)
・最大応力(MPa)
・弾性率(ヤング率)(MPa)
・応力-歪み線図
・荷重-ストローク線図

材料の曲げに対する変化の観察

試験後のクラック観察までご対応が可能です。
その他の評価(分析・観察)についても一式ご対応可能できますのでご相談下さい。

報告書例

  • 試験概要

  • 試験方法・条件

  • 試験結果

PDFダウンロード

Q&A

最大荷重はどれくらいですか?
300kNまで対応可能です。
これ以上の荷重が必要な場合は、ご相談下さい。
試験時に立会は可能ですか?
はい、可能です。ご希望の日時をご連絡下さい。
試験結果はどのような項目がアウトプットされますか?
最大荷重・最大応力・ヤング率の数値 またヤング率や応力-ひずみ線図などグラフでのアウトプット可能です。
データはどのような形式で頂けますか?
試験風景、観察結果などEXCELにまとめ、PDF化したものをご提出します。ご希望に応じて編集可能な電子データでの提出も可能です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

E-mailでのお問い合わせ

toiawase@jtla.co.jp

フリーダイヤルでのお問い合わせ

直接お越しの方はこちらへ

事業所紹介

お問合わせ

PAGE TOP