試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

材料試験

硬さ試験の受託サービス

試料の材質・構造に合わせた各種の硬さ(硬度)評価を実施致します。

概要

本サービスでは、材料表面の「機械的性質」を評価する手法の一つである硬さ試験(硬度試験)を受託にて実施致します。
硬さ試験は、試料の材質や構造によって評価方法が異なるため、試験機器・試料調整・測定条件を適切に選定することが重要になります。JTLでは、ビッカース・マイクロビッカース硬さやデュロメータ硬さを中心に様々な硬さ評価に対応しており、試料・試験目的に合った評価データをご提供致します。

特徴

金属から樹脂まで様々な材料の評価が可能

金属・セラミック・プラスチック・ゴム(一般ゴム、硬質ゴム、軟質ゴム)・エラストマー(中硬さ、高硬さ)が主になりますが、その他の材料にもご対応可能です。
(※一部の材料、構造体にはご対応できないことがあります。)

薄膜・微小領域・低荷重の測定にもご対応

マイクロビッカース硬さ試験機は試験力を0.4903mNから19610mNまで任意で選択することが可能なため、コーティングやメッキのような薄い膜や、ICのボンディングパッドや金属組織の結晶粒のような小さな面の測定が可能です。

切断・研磨などの試料調整も実施

硬度測定を正確に行うには、試料調整により試料を成形し、測定面を平滑にする必要があります。試料調整に必要な切断・樹脂包埋・研磨にも対応しております。

各種の評価試験・分析・計測サービスにもご対応

硬さ試験以外にも関連する評価として、引張圧縮試験・残留応力測定・材料成分分析・寸法測定なども合わせてご対応が可能です。

設備紹介

用途

鉄鋼材の焼入れ深さの確認

下記ラインにて断面研磨試料を作製⇒外周部から内部へ定ピッチで硬さ測定を実施

溶接部周辺の熱影響の確認

断面研磨試料を作製⇒エッチング⇒溶接部周辺について定ピッチで硬さ測定を実施

・プレス加工された製品の硬度分布
・ブラスト処理品の表面から内部までの硬さ評価
・コーティングやメッキなどの薄膜の硬度測定
・ICのボンディングパッドの硬さ試験
・セラミック材料の破壊じん性試験

報告書例

  • 表紙

  • 条件・データ

PDFダウンロード

Q&A

どんな材質の試料でも測定は可能ですか?
金属・セラミック・プラスチック・ゴム(一般ゴム、硬質ゴム、軟質ゴム)・エラストマー(中硬さ、高硬さ)が主になりますが、その他の材質にもご対応が可能ですのでお問い合わせ下さい。
なお、セラミックの種類によっては測定時に亀裂が生じ、正確な値が出ないことがありますのでまずはご相談下さい。
搭載できる試料サイズの制限はありますか?
上記の設備紹介の「搭載試料サイズ」を参照下さい。使用する試験機によって搭載可能な試料サイズが異なります。
試料表面が曲面になっていたり、凹凸があっても測定はできますか?
円筒形状の曲面の部位でしたら、見かけの硬さを補正係数から平面の硬さに変換することが可能です。(※ビッカース硬さ)
しかし、表面が粗であったり不規則な凹凸がありますと、測定時の誤差が大きくなり正確なデータをお出しすることができません。
そのような場合は試料調整(切断・樹脂包埋・研磨等)による測定面の平滑化を行います。
試料又は試験対象層の厚みはどれぐらい必要ですか?
試料の材質と使用する試験機によって異なります。
ビッカース硬さでは、ビッカース圧痕のくぼみの対角線長さの1.5倍以上の厚さが必要になります。
デュロメータ硬さ(タイプA・D・C)では、基本的には6mm以上の厚みが必要になりますが、HDD40以上であれば2mm以上でも問題ありません。
近接した箇所を連続して測定する場合、0.1mmピッチでも測定は可能でしょうか?
試料の材質と使用する試験機によって異なります。
ビッカース硬さでは、測定の間隔は対角線長さの4倍以上必要になります。従って、仮に対角の長さがd=0.025mmの場合、0.1mmピッチでの測定を行うことができます。
ただし、軟らかい試料や亀裂の入りやすい試料の可否につきましては圧痕の大きさに依存しますので、まずはお問い合わせ下さい。
デュロメータ硬さでは、試料の縁からの距離もしくは測定箇所間の距離で12mm以上が必要になります。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP