分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

分離分析装置

ガスクロマトグラフ(GC)による受託サービス

無機ガスの定量分析を行います。

概要

ガスクロマトグラフ(GC)による、有機化合物の定性および定量分析を実施しております。
熱伝導度検出器(TCD)、バリア放電イオン化検出器(BID)を保有し、加熱発生ガスの定量、無機ガスの分析などに対応いたします。

原理

ガスクロマトグラフ(GC)は、注入した試料を気化させ、移動相のキャリアーガスによってキャピラリーカラム(固定相)に流し、相互作用により分離し検出器で測定します。
試料の注入方法はいくつかあり、スプリットやダイレクトなどで、目的に合わせて選択します。
キャピラリーカラムは、溶融シリカ管に固定相が塗布されており、測定物質により無極性・中極性・高極性の固定相を選択します。
カラムで分離された成分を各種検出器で測定(定量)します。

用途

加熱発生ガス・アウトガスの分析

原材料中の微量不純物の分析

無機ガス・低級炭化水素の分析

リチウムイオン二次電池の内部ガス分析

残留溶媒の分析

設備紹介

  • ジーエルサイエンス製

    GC-4000 Plus

    【GC-TCD(ガスクロマトグラフ)】
    ●検出器:熱伝導度検出器 TCD
    ●温度範囲:~350℃
    ●キャリアガス:Arガス

  • 島津製作所製

    GC-2010 Plus

    【GC-BID(ガスクロマトグラフ)】
    ●検出器:バリア放電イオン化検出器 BID
    ●温度範囲:~350℃
    ●キャリアガス:Heガス

Q&A

分析方法の開発からお願いできますか?
弊社にメソッドが無い、実績が無い化合物でも、お受けすることは可能です。
標準物質やカラムは支給ですか?
弊社で準備しますので、サンプルのみご支給ください。
サンプル量はどのくらい必要ですか?
前処理方法や下限値により変わりますが、液体は2~3mL、固体は2~3g程です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP