分析領域

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で研究開発をサポートします。

化学分析サービス

GC-MS、GC-MS/MS(ガスクロマトグラフ質量分析)

揮発性有機化合物の定性・定量分析を行います。

概要

ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)による、有機化合物の定性および定量分析を行います。
ガスクロマトグラフ(GC)に質量分析計(MS)を結合させた装置で、ガスクロマトグラフで分離された成分をイオン化(EI)し、質量分離部で分析対象イオンのみ透過させて検出器で測定します。
高い選択性で、高感度に分析することができ、揮発性化合物の分析や不純物の同定解析など幅広い対応が可能です。

原理

ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS/MS)は、ガスクロマトグラフで成分を分離し、電子イオン化(EI)法にて分子をイオン化させます。イオン化された分子は、1つ目の質量分離部に移送し、分析対象のイオン(プリカーサーイオン)のみ透過させて衝突室(CID)で、アルゴンなどのコリジョンガスによる衝突誘起解離を起こします。そして、2つ目の質量分離部でさらに質量分離を行い、検出器で測定を行います。
分子構造や分子量、成分量が測定でき、ガスクロマトグラフ質量分析計はライブラリーが充実しています。通常分析は、シングルモード(GC/MS)を使用し、マトリックスの多い試料でも安定した感度・マススペクトルが得られます。

GCMS-1.jpg

技術事例

加熱発生ガスの定性分析

樹脂や金属、セラミックスなど固体試料を加熱炉で加熱(~450℃)して、アウトガスを測定します(450℃以上加熱の場合はバッチ式で可能です)。発生ガスを濃縮して測定できるので、高感度での分析ができます。

<主な使用用途>
・セラミックのバインダー発生ガス分析、微量な製品付着物の分析、金属板上の低分子シロキサン分析、樹脂・ゴムの有機添加剤の分析、劣化分析

残留油分測定

重量法やFT-IRでは油種を区別することは困難です。そこで、GC-MSを用いて油中の各成分を分離し、油種を区別して定性または定量します。これにより更に詳細な分析結果が得られます。

<主な使用用途>
・洗浄液への油分混入量測定、切削油中のプレス油混入量測定、製品の清浄度(残留油分)測定、製品付着物の上流調査(付着物の付着工程をさかのぼって調査)

VOCs分析

HPLCと併用して、自動車内装材から気中に拡散するVOC(揮発性有機化合物)やアルデヒド類を測定します。特注の300Lサンプリングバックと大型恒温槽・乾燥機を用いて、大型部品を切断することなく測定も可能です。

<主な使用目的>
・JASO M 902、JASO M 903、各種自動車メーカー様規格(国内、海外)

<測定化合物の例>
・ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、エチルベンゼン、p,m-キシレン、スチレン、o-キシレン、テトラデカン、フタル酸ジnブチル、フタル酸ジ2エチルヘキシル

プラスチック・ゴム中のフタル酸エステルの定量分析

フタル酸エステル類は有害性が懸念されており、一部の成分はRoHS指令規制物質となっています。

<フタル酸エステルの代表的な成分>
・フタル酸ジエチル(DEP)、フタル酸ジヘキシル(DHP)、フタル酸ブチルベンジル(BBP)、フタル酸ジプロピル(DPRP)、フタル酸ジペンチル(DPP)、フタル酸ジシクロヘキシル(DCHP)、フタル酸ジブチル(DBP)、フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)(DOP、DEHP)、フタル酸ジイソブチル(DIBP)

臭気分析

臭いの評価には、人が実際に嗅いで評価する試験がありますが、ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC-MS)等の分析機器を用いて評価する方法もあります。

設備ラインナップ

  • Agilent Technologies製

    Agilent 7890B 5977B GC/MSD

    ●検出器:シングル四重極質量分析計
    ●温度範囲:~450℃
    ●質量範囲:m/z1.6~800
    ●イオン化法:EI
    ●前処理ユニット:加熱脱着システム

  • 島津製作所製

    GCMS-TQ8030

    ●検出器:トリプル四重極型質量分析計
    ●温度範囲:~350℃
    ●質量範囲:m/z1.5~1090
    ●イオン化法:EI

Q&A

Q.データはどのような形式でいただけますか?

A.基本は弊社フォーマットにて報告書を作成しますが、ご希望があれば貴社フォーマットでのデータの提出も可能です。また写真の元データもJPEG・BMP・TIFFの形式で提出可能です。

Q.分析方法の開発からお願いできますか?

A.弊社にメソッドが無い、実績が無い化合物でも、実施することは可能です。

Q.標準物質やカラムは支給ですか?

A.弊社で準備しますので、サンプルのみご支給ください。

Q.サンプル量はどのくらい必要ですか?

A.前処理方法や下限値により変わりますが、液体は10mL、固体は10g程です。

評価業務にお困り事はございませんか?

JTLはお客様の頼れるパートナーとして、
シチュエーションに応じた迅速丁寧な対応を心がけております。
どんな些細なことでも構いませんので、
まずは下記のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら