事例・分野から探す

分野別によくご依頼をいただくサービスを紹介します

GC-MSを用いた臭気分析

関連キーワード
GC-MS(ガスクロマトグラフ質量分析計)
成分分析
機器分析
臭気分析

Introduction

においの評価には、人が実際に嗅いで評価する試験がありますが、ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC-MS)等の分析機器を用いて評価する方法もあります。
人が実際に嗅いで評価する試験は、感覚情報を得られることができますが、成分の特定はできません。
GC-MSは、物質の特定ができるため、においの定量化や原因究明、対策等に広く利用されています。

Method

サンプルをヘッドスペースバイアルに分取し、密閉します。
一定時間加熱し、発生ガスをGC-MSにて定性分析を行いました。

Result

特徴的なピークとして、天然ゴム手袋及びラテックス製手袋に硫化カルボニルと二硫化炭素が検出されました。
いずれのピークも、ゴムの製造過程で生じる硫黄系化合物であり、においの原因だということが分かりました。
また、二硫化炭素は、ゴムの加硫促進剤として使われます。
ビニール手袋に関しては、特徴的なピークは、検出されませんでした。

サンプル:天然ゴム手袋、ラテックス製手袋、ビニール手袋
装置・検出器:GC-MS

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP