計測領域

製品の精密寸法測定に関わるあらゆるニーズに受託専門ならではの幅広い知識・設備力で対応します。

その他

CAE解析

解析シミュレーション技術で設計開発の合理化・期間短縮・性能向上・コスト削減に対応します。

概要

現代においては「早くて、安くて、安全、尚且つ高品質」が求められる時代に変化し、CAE技術は必要不可欠です。
JTLでは評価試験とCAEを通して、自動車部品からアグリ分野まで、お客様のご要望に迅速にお応えします。単品からASSY品まで構造物の振動・騒音などの問題に対し、振動試験とシミュレーションによる解析から製品の形状変更の提案、材料の評価が可能です。
また、疲労問題や不具合の原因解明に関して、破面解析や材料試験・疲労試験の実試験と組み合わせて設計上の問題点を解析することで、構造上の問題点や強度・寿命を予測します。

特徴

幅広い領域の解析シミュレーションが可能

自動車部品からアグリ分野まで、幅広い領域での解析シミュレーションが可能です。
・振動解析
・構造・応力解析
・熱流体解析
・最適化設計(数理統計処理)

実試験との組み合わせ評価が可能

構造物の振動や騒音、疲労問題、不具合の原因解明などの問題に対し、破面観察や振動試験・材料試験・疲労試験などの実試験との組み合わせで設計上の問題点を解析することで、構造上の問題点や強度・寿命を予測します。

技術事例

商品/機構要素設計

機器要素の耐振動設計と振動試験、設備の応力・変形低減と疲労試験、圧縮性流体の衝撃波解析、筐体ユニットの放熱、材料インフォマティックス分析

電子部品プリント基板

プリント基板の耐振動設計と振動試験、電子部品熱応力設計、ハンダ接合部の耐クリープ設計、プリント基板放熱設計

アグリ分野(農水産・畜産・バイオ)

アグリ分野の養殖槽熱流体設計、植物工場の空調設計、最適生育レシピの抽出

省エネ/ 畜エネ/創エネ

機械システムからの騒音低減、圧力配管系の最適配置、室内放熱効率化

生産プロセス改善

工場ラインの生産性向上、工場稼動データ分析(最適制御・閾値分析・歩留まり・予防保全)

Q&A

Q.データはどのような形式でいただけますか?

A.基本は弊社フォーマットにて報告書を作成しますが、ご希望があれば貴社フォーマットでのデータの提出も可能です。また写真の元データもJPEG・BMP・TIFFの形式で提出可能です。

評価業務にお困り事はございませんか?

JTLはお客様の頼れるパートナーとして、
シチュエーションに応じた迅速丁寧な対応を心がけております。
どんな些細なことでも構いませんので、
まずは下記のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら