試験領域

治具作製から前段取り、規格・特殊試験にわたり、R&Dに関わる信頼性評価をワンストップで対応します。

環境試験サービス

塩水噴霧試験

金属や表面処理の塩水に対する耐食性を評価します。

概要

塩水噴霧試験は中性5%塩水の溶液を霧状に製品へ噴霧させる試験です。
ISOやJISに記載されている中性塩水噴霧試験に対応しており、規格では試験片形状が規定されていますが、試験片以外の形状も対応可能です。また、試験前後の目視による腐食経過確認だけでなく、SEM-EDXやEPMAによる錆の発生状態を確認することが可能なため、塩水噴霧試験に対する一貫した評価が可能です。

特徴

様々な試験規格に対応

対応可能な規格は、ISO 9227、JIS Z 2371、JIS H 8502 等です。塩水噴霧試験の中でも主に中性塩水噴霧試験に対応しており、35±1℃の雰囲気下で試験体に中性の5%塩化ナトリウム溶液を噴霧します。

pH変動を抑制した試験が可能

噴霧液の補給タンクはpH変動を抑止した設計構造になっています。またISO推奨の噴霧塔方式を採用しており、噴霧分布の均一性に優れています。

多数個、大型の試験片に対応

試験槽内寸法はW1100×D600×H500(mm)あり、多数個の試験片や大型サイズの部品の試験を行うことが可能です。テストピースの場合、150×70×1mmのサイズで60枚の試料を同時に試験を行うことが可能です。

手離れのよい委託が可能

試験準備や指定されたサイクル数でのサンプル抜き取りや外観チェックなどを弊社で請け負うことで、お客様が手離れよく委託できるサポートをします。

技術事例

腐食評価

金属材料やめっきやランプ、自動車のモーターなど幅広いサンプルに対応しています。通電しながら試験をすることも可能です。

Q&A

Q.データはどのような形式でいただけますか?

A.基本は弊社フォーマットにて報告書を作成し、PDF形式で提出します。
提出形式にご要望ありましたら、お気軽にご相談ください。

Q.対応可能なサンプルサイズを教えてください。

A.弊社所有設備の内寸はW1100×D600×H500mmです。試験機内の噴霧塔位置により製品及び試験片が入らないこともありますので、お気軽にご相談ください。

Q.試験できる溶液は何がありますか。

A.弊社では中性塩水噴霧が対応可能です。酢酸酸性塩水噴霧、キャス試験については協力会社を活用し対応させていただきます。

Q.後処理も実施してもらえますか。

A.はい、対応可能です。お客様指定の後処理方法での対応も可能です。

評価業務にお困り事はございませんか?

JTLはお客様の頼れるパートナーとして、
シチュエーションに応じた迅速丁寧な対応を心がけております。
どんな些細なことでも構いませんので、
まずは下記のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら